【ソニー生命・現役の生保社員からの話】@生活設計論授業

みなさん、こんにちは〜!!

本日は、生命保険会社にお勤めの2名の方(濱崎様と谷川様)をお招きした特別講義をご紹介します。授業は、2部構成で行われ、前半は生命保険の仕組みと生命保険経営、後半は生命保険経営の実態と事例をレクチャーしてくださいました。

 

さて、前半の講師は〜ソニー生命保険株式会社 濱崎様は「生命保険業界の動向」をテーマに講義してくださいました。

kanda11.jpgkanda12.jpg

↑ 生命保険業界の動向を、戦後の護送船団行政から保険自由化の順でわかりやすく説明してくださいました。

kanda13.jpg

↑ そもそも「生命保険とは何?」について、生命表を用いて作ってくださいました。この表は、濱崎様が休日返上し、徹夜の作業で作り上げたオリジナル生命表です。年齢別、性別別に死亡する確率をエクセル表にて表しており、大変わかりやすく、学生たちが生命保険の理論的な側面をリアルに感じることができました。

kanda14.jpg

↑ 人口問題はただ社会問題ではなく、生命保険業に大きな影響を及ぼすことを説明してくださいました。なぜなら、人口が減少すれば保険に加入する潜在的顧客層が減少することを意味しており、結果的生命保険市場の縮小をもたらすことになるからです。

kanda15.jpg

↑ 市場の縮小に直面しているからこそ、生命保険業界は新たなビジネス領域を開拓する必要がある強く訴えておられる濱崎様。とくに、AI(人工知能)の拡大と向上、さらにその普及が生命保険業界に新たなヒントを与えてくれることがわかりました。

濱崎様は、この日のために遥々東京から来てくださいました。感謝感激です!

 

後半の谷川様は、大阪ライフプランナーセンター第6支社の支社長でおられ、多忙な時間を縫ってソニー生命保険のユニークな会社組織をご紹介してくださいました。

kanda16.jpg

kanda17.jpg

↑ とくに、ライフプランナーの仕事を会社全体で支えていく逆三角形が、学生たちの関心を引きました。

kanda18.jpg

↑ 4Cを用いてソニー生命保険のコンセプトをわかりやすく説明してくださった谷川さま。

 

【学生所感】

・  生命保険の商品は知っているつもりでしたが、本日は生命保険の原理原則をわかりやすく教えていただき、あらためて「保険は深い!」と思いました。

・  濱崎様が私たちのために、徹夜して生命表を作ってくださったことに、大変感動しました!その姿勢を見習いたいと思います。

・  谷川様が喝を入れてくださり、目が覚めました。寝ていたわけではなく、仕事に対するその情熱、責任感…私も将来このような大人になりたいと思いました。

 

本日の特別講義を通して学生たちが多様な学びができて、本当に良かったと思います。

ゲストスピーカーの先生方、そしてコーディネーターの板野様と上野様、誠にありがとうございました!

(ライフプランニング学科 神田恵未)

★★ライフプランニング学科へ興味を持たれた方は資料請求を!★★

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ