植畑育子、野菜を育てる!

みなさんこんにちは!

ライフプランニング学科 3年生の川中恵莉です。

 

7月も後半ですね。

扇風機だけではもう生きれそうにないので

そろそろ冷房デビューをしようと思います。

 

さて、わたしは今回

植畑育子(ウエハタイクコ)についてお話しさせていただきます。

・・・植畑育子ってだれやねーん!

とツッコミが飛んできそうですが、(笑)

これは樟蔭の畑で野菜を育てている

ライフプランニング学科の学生たちのグループ名なのです(^o^)

1年生が4人、2年生が2人、3年生が6人の計12人で成り立っています。♡

 

わたしたちはこんな野菜を育てております

uehata01.jpg

uehata02.jpg

 

ミニトマトや、ナス、枝豆、

サツマイモ、大阪野菜の毛馬キュウリの5種類です(^o^)

 

これらの野菜は

植畑育子プレゼンツの秋のイベントで調理する予定で、

ただただ成長を見守っている現在です。

おおきくなぁれ~~~~!

uehata03.jpg

(ミニトマトの苗の支柱を立てるメンバー)

 

今までに野菜を育てた経験も知識もないメンバーがほとんどで、

リーダーのわたしなんて全く知識が無く、(笑)

植えるときは間隔を何センチごとにしなきゃいけないとか、

しかもそれも野菜ごとに違うとか、

枝が育って来たら脇芽取りをした方が良いだとかを小耳に挟み、

それを本やネットで調べながら

「これで合ってる?」といつも不安になりながら手さぐりで実践しています。(笑)

でも手がかかる分、野菜への愛情が日に日に増しております。

本当に、野菜って奥が深いなあーと。

 

すごく手間もかかるし水も愛情も必要不可欠だし

予想外のパプニングだらけですが

野菜は予想以上に成長が早く、

植えてからわずか1か月半で

 

uehata04.jpg

 

これが、

 

uehata05.jpg

 

こうなって、

 

uehata06.jpg

 

今ではこんなに緑が生い茂るほどになりました。

野菜を植える前は雑草だらけだったこの畑を

2時間かけてアドバイザーである濵田先生と

ひたすら草むしりをして、畝をつくりました。

頑張って作った畝に野菜ができるなんて・・・カワナカ感激です。

 

uehata07.jpg
uehata08.jpg

 

そして最近、ミニトマトとナスができました。

試食会としてメンバーたちと一緒に調理してみたのですが

その話はまた次回、お話しますね(^o^)♡

 

今回はこの辺で!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

(ライフプランニング学科3年生 川中恵莉)

★★ライフプランニング学科へ興味を持たれた方は資料請求を!★★

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ