タイの大学生  ライフプランニング学科の授業を見学する①!

タイから大学生1名が5月19日〜30日の間、本学の授業を見学し、日本語を学び、日本の大学生活を体験しました

 

タイの大学生は私立ランシット大学の教養学部日本語学科3年生の女子大学生で、あだ名はプリック・タイちゃんです。

 

ここでクイズです。

「プリック・タイ」というあだ名の意味は、「フードコース」と関連した調味料・香辛料と関係があります。次のうち答えは何かな(このブログの最後を見てくださいね)。

 ①砂糖    ②唐辛子    ②黒胡椒    ③酢

 

 

プリックタイちゃんは、5月24日、ライフプランニング学科フードコース3年生の「フードマネジメント実習」の授業を見学しました。

この日のテーマは「パリのカフェの歴史」でした。

「パリ」と「カフェ」、それはフランス人の生活と密着したもの、フランス人にとってカフェは人生の一部です。

 

ここでまたクイズです。

皆さんは「コーヒーの原産地」は何処だと思いますか。

「ブラジル」を連想する学生が多いのでは。

実は、コーヒーの原産地はアフリカのエチオピアと言われています。アフリカで発見されたコーヒーは14世紀にアラビアに伝われ、1554年にはイスタンブルで世界初のカフェが開かれたそうです。その後、ヨーロッパに紹介され、1645年にイタリアで ヨーロッパ最初のカフェが生まれ、約30年後の1686年にパリで初めてのカフェが 誕生したそうです。

 

ライフプランニング学科の学びを通して「地図が読める」、「歴史と文化の理解が深まる」こと、間違いなし!

 

いよいよ後半部は今日のテーマと関連した調理実習です。

今日のメニューは洋梨のタルト、クロックムッシュ、ミル・ファンティ、カフェ・オ・レ。

 

授業担当の田中愛子先生は国際的に活躍されるお料理研究家で、先生の配慮でタイの大学生は見学だけではなく、クッキングにも参加しました。

 

    20170601.jpg

 

その後は、先生の説明を注意深く聞きながら、在学生と一緒にクッキングに挑戦!

 

   20170602.jpg

    

できあがり! 

ボリューム感もあり、美味しそうなお料理で、まるでパリのカフェの気分になりますね。

 

   20170603.jpg

   

最後は、田中先生と在学生とともに微笑みのポーズで! 

 

20170604.jpg

 

ライフプランニング学科では、このようにお料理の実習を通して国際交流を行う機会がたくさんあります。

皆さんも一緒に参加してみませんか。

 

 (クイズの答え:③黒胡椒( Black Pepper)) 

ミニ知識☆     タイで「プリック」は「唐辛子」を、「プリック・タイ」は「黒胡椒」を意味します

(作成:呉 知恩)

 

 

 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ