和歌山県かつらぎ町と地域交流事業~健康レシピづくりに向けての現地見学~

2017.06.02 健康栄養学科

健康栄養学科 調理学研究室は、昨年度から始まった和歌山県かつらぎ町との交流事業として、健康栄養レシピづくりに携わっています。

今年度のテーマは、「旬の食材を使ったレシピ、血管若返りレシピ、塩分排泄レシピ」です。管理栄養士・栄養士を目指す学生が考案したレシピを地域住民の方々に紹介し、日常の食生活に取り入れてもらうことにより、地域住民の方々の健康増進を図ることが大きな目標です。

5月21日、地域でどんな食材が使われているかなど、メニュー考案のヒントを得るため、かつらぎ町役場の方のご厚意でかつらぎ町西インター、くしがきの里(道の駅)へ案内していただきました。

朝10時に到着したところ、たくさんの人が集まりとても賑やかでした。店内には地域の方が育てた朝採り農産物や名産品がたくさん並べられており、どれも鮮度がよく、みずみずしい立派な野菜ばかりでとても美味しそうでした!

17-03photo01.jpg 17-03photo02.jpg

次に、地元でトマトを栽培している農家さんにてトマト狩りを体験させていただきました。収穫を終えたばかりだったそうですが、まだまだたくさん赤い実がなっていました。

当日は晴天に恵まれ、ビニールハウスの中は40度近くになっていてとても暑かったです。

17-03photo03.jpg

ビニール袋にあふれんばかり!たくさん収穫できました!
17-03photo04.jpg

かつらぎ町役場の方、農家の方、ありがとうございました。

今回の経験を今後のメニュー考案に生かしていきたいと思います!

[調理学研究室 助手 沢田]

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ