フランチャイズシステムって何?@現代ビジネス論Vol.1

みなさん、こんにちは。

新年度が始まり早や1カ月がすぎました。

ライフプランニング学科3年生が受講できる『現代ビジネス論』の授業は、今年度も学外から毎回異なるゲストをお招きして、現代ビジネスの諸相を展望します。

 

越智先生、ワクワクしながら教室に行きましたよ。

嬉しそうな私を見て学生たちはニヤニヤ…(何か問題でも??)。

 

今回のゲストスピーカーは、株式会社ヤマヨフーズの山本貴之(やまもと たかし)先生です。

 

IMG_3873.JPG

(山本貴之先生)

 

ヤマヨフーズは1971年10月、粉問屋を母体として創立、同年11月にミスタードーナツ第2号京橋ショップをオープンしました。フランチャイズ加盟店第1号店です!(フランチャイズの説明はあ・と・で!)

 

IMG_3879.JPG

(本日のレジュメ)

 

この1971年は大阪万博の翌年で、「ファーストフード元年」とも言われています。

今ではすっかりおなじみのマクドナルドはこの年にオープン、ケンタッキーフライドチキンが前年の1970年にオープンしています。

 

ミスタードーナツの創業者はハリー・ウィノカー氏、アメリカで誕生しました。

ヤマヨフーズ様がミスタードーナツに加盟するきっかけはミスタードーナツの基本精神、ミスタードーナツの母体であるダスキンの経営理念に共感したからだそうです。

 

DSC02154.JPGIMG_3880.JPG

 

当初は、ドーナツ製造を主としていましたが、やがてサービス、接客業へ重点を置くようになり、ビジネス意識を変化させ、ダスキンのフード事業部門の名称もDFI(ダスキン・フード・インダストリー)からDFS(ダスキン・フード・サービス)へ変更されました。

 

DSC02145.JPG

 

ミスタードーナツは、パイ・マフィンを初めとして、飲茶や焼きドーナツなどのさまざまな商品開発を行い、店舗数を確実に増やしていきました。

そんな中、2002年に肉まんに無認可添加物使用問題が発覚し、肉まんが販売中止に。

「食の安全・安心」、「企業のコンプライアンス(法令遵守)」に対する企業の姿勢が問われる事件でした。

この事件をきっかけに、起死回生をはかるために生まれたのが、私が愛してやまない「ポン・デ・リング」です。本部と加盟店は運命共同体。加盟店の意見で商品化されました。

このポン・デ・リングの誕生で、企業の売上はV字回復!!(すごいっ!!)

 

ここでちょっと裏話。実はポン・デ・リングを開発するときに、有力候補だったのがプリンパンだったそうですよ。結局、ポン・デ・リングが採用されてプリンパンはボツ…。いやぁ~、プリンパンも食べてみたかったな!

 

みなさんもご存じのように、ミスタードーナツは「1店1店お店で手作り」しています。

原材料は同じですが、微妙に味が違います。その日の気温だったり湿度だったり…。

そんな微調整を各店舗が行い、美味しいドーナツが丁寧に作られています。

ミスタードーナツの各店舗を巡って、ドーナツの食べ比べをしてみるのも面白いかもしれませんね。

 

DSC02143.JPG

 

さて話は変わって、ヤマヨフーズ様も加盟しているフランチャイズ・システムって?

フランチャイズ・システムとは、フランチャイザー(本部)とフランチャイジー(加盟者)から構成され、一般的には、本部が加盟者に対して、特定の商標、商号等を使用する権利を与えるとともに、加盟者の物品販売、サービス提供その他の事業・経営について、統一的な方法で統制、指導、援助を行い、これらの対価として加盟者が本部に金銭を支払う事業形態を言います。

 

IMG_3881.JPG

 

みんなも利用したことがあるコンビニエンスストアは、フランチャイズ・システムの代表例です。

 

フランチャイズ・システムのメリット・デメリットは…

【メリット】

 ・フランチャイザー(本部)

  ① 事業展開のスピードアップができる。

  ② 安定したロイヤリティ収入(加盟店が本部に支払うお金のこと)

 ・フランチャイジー(加盟者)

  ① ノウハウがなくても事業展開ができる。

  ② 成功事例があるので安心して投資できる。

  ③ 他店舗展開されていくので知名度がある。

 

【デメリット】

 ・フランチャイザー(本部)

  ① 強制・統制できない

 ・フランチャイジー(加盟者)

  ① 提案・意見が通らない。

 

山本先生は、フランチャイズ・システムの利点や弱点を説明しながら、今後のフランチャイズ・システムの課題と展望についてもお話しいただき、フランチャイザーとフランチャイジーに必要なものは「信頼」と結ばれました。

 

DSC02151.JPG

 

山本先生、お忙しい中、講義をしていただき、本当にありがとうございました。

 

さぁ~て、来週の現代ビジネス論は???

三谷精糖 和三盆 羽根さぬき本舗の三谷昌司先生にお越しいただき、「今に昔ながらの手作りで和三盆糖を作り続けて」をテーマにお話しいただきます。

いやぁ~、次回も楽しみダ。聴きに行かねば!!

 

あ~、ドーナツ食べたくなってきた!! 駅前のミスドにレッツゴー! ゴー!!(昭和すぎる…)

で、買ってきました♪

 

IMG_2205.JPG

(今、お気に入りのポン・デ・リングプレミアム抹茶☆)

 

このブログを書いた後、コーヒーとともに美味しくいただきました☆(ごちそうさま☆)

 

このブログを読んで興味を持たれた方、毎週木曜日の13:00~14:30、清志館3階のG301教室で行っています。

どうぞお越し下さいマセ。

 

[学生の所感]

山本先生が樟蔭に来ることを一度断った後に、「もったいない」「あなたの人生でもう二度とないんじゃないか」とある方に言われたという話を聞いて、私もその言葉に刺激を受けました。何か自分を成長させてくれるようなチャンスのような話が来たときに、私はそれに挑戦して失敗をしないか、と怖がって逃げたくなってしまうので、そんなときには「これは成長するためのチャンスだ」「怖がるな」と言い聞かせて私ももっと積極的に挑戦していこうと思いました。ミスタードーナツはお店ごとに味が違っていたり、生地のモチモチさが違っていたりして、私は自分好みのカスタードの店舗に当たるとすごく幸せな気持ちになります。ドーナツが食べたくなりました。

 

ミスタードーナツのお店は木製の内装で落ち着く感じだけど、最初からではないと聞いて驚きました。私からすれば、ミスタードーナツは何か温かみがある感じで小学生頃までよく祖父母と休日に食べに行っていて、祖父母を一緒に過ごせる大事な空間でした。現在、コンビニでも100円ドーナツが売られているなど、少子高齢化により誰をターゲットにするかも問題で、多くの課題をどう解決していくか、どれが正解かはわからないから、難しいと感じました。

 

(ライフプランニング学科 CMに出演できるほど美味しそうにドーナツを食べる越智砂織)

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ