学生がキャンパスライフを紹介

2017.05.20 国文学科
樟蔭では、学士課程基幹教育の樟蔭基幹科目として、自校教育科目「樟蔭の窓」が開講されています。
今年度「樟蔭の窓」第5回(5月11日)の授業では、
「在学生が語る『私たちの樟蔭、私たちのキャンパスライフ』」
と題して、学生自らが、自分たちの課外での活動を、受講生に語るという機会がありました。
 
DSC03149_400ピクセル.jpg
 
その際、国文学科の学生も日頃の活動を2つ報告しました。
 
一つは、昨年度“プチ×チャレ”※1として行われた「お聖さんとゆかいな仲間たち」の活動です。
「お聖さんとゆかいな仲間たち」は、国文学科学生たちが立ち上げたプロジェクトで、学科の大先輩である、芥川賞作家 田辺聖子さんの作品について自分たちの読みを深めるとともに、それを通して地域のみなさんとの交流を図ることを目的とした活動です。
 
スライド1_修正.jpgスライド4_修正.jpg
 
大学を飛び出して、伊丹市立図書館へ出かけていった見学会や6回も実施した読書会の一端を紹介したり、学外のみなさんの参加を募って今年1月に開催した「お聖さんを楽しむ会」の活動報告をしてくれました。
 
スライド9_修正.jpgスライド15_修正.jpg
 
「お聖さんとゆかいな仲間たち」は今年度も活動を予定しています。よろしければ、参加してみてください。
※1“プチ×チャレ”とは、本学の「くすのき地域協創センター」が支援する、「授業やサークル以外で学生が大学での学びや自分たちの力を活かし、地域との連携を図り主体的に取り組む社会的・創造的な活動」の一つです。
 
 
もう一つは、日本語教師を目指す4年生が報告してくれた「樟蔭日本語教室」でのコーディネーター体験です。
 
スライド1.JPG
 
「樟蔭日本語教室」は、子育て中の外国人にみなさんに、幼稚園・保育園で使われる日本語やさまざまな行事などについて、楽しく学ぶことを目的とした活動で、本学とNPO東大阪日本語教室との協力で実施しています。
 
スライド2.JPGスライド4.JPG
 
 
報告では、本学の日本語教育科目の「日本語教育学演習」を履修して、実際に日本語教室でコーディネーター役を務めた貴重な経験が紹介されました。
 
スライド5.JPG
 
 
「樟蔭日本語教室」について、興味のある方は、本学の国際交流室(大阪樟蔭女子大学清志館2階)にお尋ねください。もちろん見学も大歓迎だそうです。
プレゼンテーション1.jpg
「樟蔭の窓」の受講生は、こうした活動報告にしっかりと耳を傾けてくれました。
 
学生のみなさん、
授業の枠にとどまらない課外の活動にもいろいろとチャレンジして、充実した学生生活を送ってください!!
 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ