【授業紹介】LP基礎演習A ノートの取り方

みなさん、こんにちは。

あったかくなってきましたねぇ~。

越智先生、ようやくホッカイロから卒業できそうです…って今まで貼ってたんかーいっ!

 

さてさて、新学期が始まって1週目。

「ライフプランニング基礎演習A」の授業は、本来、少人数制で行っており、それぞれ担当の先生方がきめ細やかな指導をされるのですが、1回目の授業だけは新入生全員が集合して、「講義の聴き方、ノートの取り方」について私がレクチャーしています。(なぜか毎年、授業担当でもない私がやっている…)

IMG_3825.JPGIMG_3826.JPG

(お手製の資料 2017年度版です)

 

大学に入学して、一番困ることは、大学の先生は板書してくれないこと。学生たちはノートの取り方がわからず、気がつけば1年がすぎていることも。またノートの取り方のコツをつかんだ頃には、すでに大半の講義が終わっている…なんてことも。

そんな入学したての学生たちに、高校と大学の学びの違い、講義の聴き方、講義系のノートの取り方について説明しました。

IMG_3820.JPGIMG_3808.JPG

 

高校とは違って大学では、授業の受け方(講義の聴き方)もノートの取り方も自分で工夫しないといけないんですよ~。

大学の授業は、耳で聴いてノートを取るのが基本です。

IMG_3811.JPG

 

黒板を丸写ししたところで、意味はありません。

私がしつこく説明したのは、とにかく聴くこと。聴いて理解してからノートを要領よくまとめること。

え~~いっ! 聴くのじゃ!! 人の話を聴けっ!!!

そのほか、流れが一目瞭然になるように見出しをつけること、詰めて書かないこと(なぜか学生は詰め詰めに書く…)、授業が終わってからできることは後回しにする、あとで書き込むところには印を付けておく…など。

みんな私の話を聴きながら、ノートを取っています。

IMG_3818.JPGIMG_3810.JPG

 

一通り説明した後は、自分たちが取ったノートと、先輩たちが取ったノートを見比べます。その後、私があらためてノートの取り方のポイントを解説しました。

よいノートを取るためには、デキる先輩のノートをまねすることですねっ☆

 

IMG_3824.JPG

(先輩のノートを書画カメラで写して学生にお手本にさせています)

 

IMG_3827.JPG

(先輩の講義ノート)

ほれ! デキる先輩のノートはこんなにも美しく、そして必要な情報が書き込まれています。

書くスペースがないときは、付箋に書いて貼っています。

 

最後は、大学での勉強に役立つ文房具の説明もしました。

100均とかで手軽に買えるので、買っておきましょ~☆

IMG_3828.JPG

 

この「ノートの取り方」講義が終わり、次の私の授業では、ちゃんと大きめ付箋や資料綴じなどを買って持ってきていた学生がいました。えらいぞっ!

これで、講義の聴き方・ノートの取り方はわかりましたね~。 

あとは自分のオリジナリティを出しながら、自分のノートを完成させていってね~☆

 

(ライフプランニング学科 学生時代のノートをまだ保管している越智砂織)

 

☆ライフプランニング学科へ興味を持たれた方はぜひ資料請求を!!☆

  • ホーム

Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。