書道コース 漢字仮名交じり書法

2017.02.09 国文学科

今回は、書道コースの学生に受講している「漢字仮名交じり書法」の授業について、解説していただきます。

DSC_0003-1.JPG

 この講義では「漢字仮名交じりの書」を学んでいます。詩歌やことばなどを題材として、制作の意図や思いをもとに、紙面全体の構成や、字形、線質などを工夫し、漢字と仮名の調和がとれた作品制作に取り組みます。古典の臨書とは違い、自らの感興と意図に応じた構想力と表現力が求められます。

 毎時間異なった表現方法や表現形式を研究し表現することによって表現の幅が広がったと感じています。そして多様な作品を分析、鑑賞することによって鑑賞力も養われました。

 また、多様な表現方法や表現形式などを習得し作品制作に反映させていく過程で、漢字仮名交じりの書の指導方法や指導内容への理解が深まっていきます。そして書の奥深さも感じています。  

                            書道コース3年 森代 早也香

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ