2016年度 聴覚障がい者支援のためのノートテイク反省会

みなさん、こんにちは。

しゅびびびっと、ライフのブログがアップされているでしょ~?(にゃははは)

 

さてさて、今回はノートテイク反省会の様子をお伝えします。

月一度のペースで、ノートテイクの学生ボランティアが集まり、情報交換をしているのが「ノートテイカー交流会」。

今回の「ノートテイク反省会(正式名称 要約筆記支援チーム(ノートテイク)反省会)」は、半期に一度、教員、事務職員、学生ボランティア、一般ボランティアが集まり、今学期の反省と次の学期に向けての体制の確認や改善点などを話し合う会です。

 

IMG_3363.JPGIMG_3362.JPG

(ノートテイク反省会の様子)

 

学生ボランティアからの意見や、聴覚障がい者の学生からの感想などをもとに、今後の支援体制や方法について話し合われました。

 

IMG_3365.JPG

 

反省会は時間をオーバーするほど、活発に意見交換が行われ、また改善点も浮き彫りになりました。

大学の授業は、講義(座って教員の話を聴く講義形態)、演習(学生同士が話し合ったり、発表したりする講義形態)、実習(自主的に自分で料理や音楽や体育などの授業内容を実施する講義形態)と多岐に渡っています。

ノートテイクしやすい授業もあれば、工夫が必要な授業もありますが、ノートテイカーはそれらの授業に柔軟に対応してくれています。

私たち教職員は、ノートテイカーからの要望を吸い上げ、改善し、そしてノートテイカーにフィードバックします。

 

IMG_3361.JPG

 

こういった反省会を通して、ボランティア、教職員が一丸となって、聴覚障がい者の支援をしています。

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ