夏休みの保育実習(施設実習)

2016.09.23 児童学科

児童学部の2・3回生は夏休み中に保育所や福祉施設での現場実習に参加しました。

これは保育士資格を得るための必修科目です。

実習そのものが10日間。

事前のオリエンテーションや事後の事務処理などもあり、夏休中ものんびりしているわけではありません。

福祉施設での実習は宿泊の場合があり、早番、遅番、夜勤などいろいろな勤務を経験します。

 

また一口に福祉施設と言っても児童養護、乳児院、母子支援施設など種類が多く、業務の内容もかなり違いますので、グループに分かれての事前指導も行っています。

写真は乳児院で実習をするグループが、テーマを自分たちで決めて設定保育の練習をしているところです。

16jidoutam0901_2.jpg

16jidoutam0902_2.jpg

手遊び、造形、絵本など題材はいろいろです。

16jidoutam0903_2.jpg

16jidoutam0904_2.jpg

 

でも、何をするにしても指導者は笑顔が大切。

みんな良い笑顔です。

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ