和歌山県かつらぎ町と地域交流事業【調理学研究室】

2016.09.07 健康栄養学科

和歌山県かつらぎ町と地域交流事業
~健康レシピづくり:かつらぎ町新城地区婦人会との交流会~

健康栄養学科調理学研究室は、今年度、和歌山県かつらぎ町との地域交流事業として、健康レシピづくりに携わっています。

この事業は、管理栄養士・栄養士を目指す学生が考案した「減塩レシピ、年代別のヘルシーレシピ」を地域住民の方々に紹介し、日常の食生活に取り入れてもらうことにより、地域住民の方々の健康増進を図ることが大きな目標です。

8月19日、地域の方々が普段どのような食事をされているのかを知るために、かつらぎ町新城地区婦人会の方々のご協力のもと、交流会が開催されました。

新城地区へは最寄駅から車で移動しました。どんどん山深く、緑が濃くなり、自然いっぱいの涼しい山の中にありました。

16-12photo01.jpg
かつらぎ町新城地区

移動中の道路の道端には、いたるところに地場産野菜や果物が販売されていました。朝採りのみずみずしい農産物は新鮮でとてもおいしそうでした。地元でトマトを栽培している場所も訪問させていただき、トマト狩りを体験しました。

16-12photo02.jpg16-12photo03.jpg 
トマト狩り

交流会では、新城地区の皆さまが朝から準備していただいたお昼ご飯を頂きました。地域で昔から食べられていた「塩さばの炊き込みごはん」、「夏野菜と鶏の揚げ煮浸し」、「きゅうりの味噌和え」などなど、どれも地元で採れた新鮮な野菜をたくさん使用した心のこもった家庭料理でした。漬物やお茶に至るまですべて自家製ということにも驚きました。

16-12photo04.jpg16-12photo05.jpg
手作りの昼食

昼食をいただきながら、普段の食生活の実態や問題点、食材の調理法など、これからのレシピ開発に参考にさせていただく情報もたくさんいただきました。

16-12photo06.jpg
交流会の様子

なによりも、地域の方々の明るく温かい雰囲気のもと、充実した交流会となりました。

今後、取り入れやすく、健康的なレシピ開発を目指していきたいと改めて思いました。

 かつらぎ町役場の方々、新城地区の婦人会の方々、トマトハウスを見学させていただいた中前様、本当にお世話になりありがとうございました。

(調理学研究室・安藤真美)

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ