グローバル製薬企業 大学生のためのキャリアデザイン@現代ビジネス論Vol.9

みなさん、こんにちは。

 

6月も終わり…、2016年も半年が過ぎてしまいました。

 

早いなぁ~(しみじみ)

 

さてさて、恒例の『現代ビジネス論』は、後半戦にはいっております。今日は第9弾だぁ!

 

今回は、アストラゼネカ株式会社 人事総務本部 総務部長 山岸景子(やまぎし けいこ)様にお越しいただきました。

 

IMG_2573.JPG

(山岸景子様)

デキる女性という感じです!

 

山岸様は、薬学部出身で薬剤師の資格をお持ちですが、2008年に今の会社に転職され、現在は人事総務本部で、人事に携わっておられます。

 

キャリアカウンセラーの資格を持っておられることから、今日は「大学生のためのキャリアデザイン」と題してお話し下さいました。

 

まずは最近の若者のトレンドとして、ITリテラシーや語学力に優れている、素直である、趣味が多彩である、情報量が多いことなどをメリットとして挙げられました。

 

一方で、学力、体力、気力が低下していること(大丈夫か?)、常識が乏しく、日本語が乱れている(これはまずいっ!)、決断できない(おいおい…)などをデメリットとして挙げられました。

 

ちなみに2015年入社の新人社員は「消せるボールペン型社員」なんだとか。

 

公益財団法人 日本生産性本部「職業のあり方研究会」によると、みかけはありきたりなボールペン。 だが、その機能は大きく異なっている。 見かけだけで判断して、書き直しができる機能(変化に対応できる柔軟性)を活用しなければもったいない。 ただし、注意も必要。不用意に熱を入れる(熱血指導する)と、色(個性)が消えてしまったり、使い勝手の良さから酷使しすぎると、インクが切れてしまう(離職してしまう)とのこと。

 

うーん、うまく例えたなぁ~! なるほどなるほど (と、感心するワタシ)。

 

山岸様は、就職活動のプロセスについて、採用側、キャリアカウンセラーの立場から、なぜその業種を選んだのか。 また自主的にやったエピソードを1つ持っているとよいとアドバイスをして下さいました。

 

IMG_2586.JPG

 

確かにその業種を選んだ理由は、採用側からすると本気度が見えますよね。

 

DSC01233.JPG

 

また、企業が求める人材像は、気の利くヒトなんだとか。

 

学歴や勉強ができることは、関係ありません。

 

さまざまな要件はあるものの、気の利くヒトは、どこに行っても重宝されます。

 

気が利くって??? 

 

相手の2-3歩、先を読んで行動する。

 

自分がしてほしいことを相手にしてあげる…など。

 

DSC01216.JPG  IMG_2584.JPG

 

就職活動に役立つ話と聞いて、みんな真剣にMEMOを取って聴いていました。

 

採用側の方からのお話しを聴くことはそうあることではありませんから、すごく参考になりましたね♪

 

この他に、正社員として3年は頑張って働きましょうということです。 ちなみにヘッドハンティングの場合は別ですが、若い人で5社以上転職した人は一般的には採用しないそうです。

 

職歴を見て、1年もたないということは、その人に問題があるとみなします。

 

ひとつの会社でじっくり腰を据えて仕事をできない人に、重要な仕事は任せられません。

 

学生たち、すごく興味深く聴いていましたね。

 

私も「そうそう、石の上にも三年。 会社では椅子の上にも三年か?」と思いながら聴いていました☆(ダジャレです。はい…。)

 

さて、授業の後半は、大学生のためのキャリアデザインワークシートを使って、学生たちにキャリアについて考えてもらいました。

 

IMG_2577.JPG

(ワークシート)

 

何をすることが好きか、それをするために今、どのような努力をしているか、最初にどのような職業に就きたいか、その職業に就いた後、10年後、20年後どのような自分になっていたいか、現状と進路のギャップを埋めるためにどのような努力が必要か、今日から何を新しく始めようと思ったか…など。

 

就職活動を目前にして、これからのキャリアについて、どのようなキャリアプランを立て、実行していくのかについて考えました。

 

IMG_2582.JPG

(真剣に考えて書いている学生)

 

IMG_2587.JPG

(カキカキ…)

 

IMG_2581.JPG

(ワークシート完成しました♪)

 

山岸様はキャリアデザインの重要性として、職業/キャリアに対する意識を高く持つこと、男女を問わず「働くことは生活の基本であること」、目先の収入ではなく、将来的な展望に立って職業を選択し、手近なところでキャリアを決定しないようにとお話し下さいました。

 

また、最後に、「心の柔軟性を持つこと(メンタルを強くすること)。異なる年代の人とのコミュニケーション能力を高めること。」もアドバイスして下さいました。

 

IMG_2588.JPG

 

DSC01215.JPG  DSC01234.JPG

 

みんな、すごくすごく参考になったね☆☆

 

今日の授業の内容を忘れずに、就職活動をスタートさせましょう。

 

今日からスタートです!!!

 

山岸様、ご多忙の中、就職活動の参考になる有意義かつ楽しい講義をしていただき本当にありがとうございました。

 

さぁ~て、来週の講義は???

 

一般社団法人日本損害保険協会 近畿支部 主査 二階堂公雄様にお越しいただき、「損害保険業の現状と損害保険会社の仕事」についてお話しいただきます。

 

お楽しみにぃ~♪

 

[学生の所感]

就活に必要な情報や私が何をするべきなのかがわかりました。何があっても心が折れないように就活を頑張ろうと思いました。ワークシートが意外に難しかったです。10年後20年後、自分がどうなっているかなんてまったく想像がつかないし、わからなかったです。私は同じお店でアルバイトから正社員になろうとは思いません。やはり自分の就きたい職業に就きたいと思いますし、何より両親を安心させたいです。今日のお話を伺って、就活は気力・体力が必要だと感じました。私はネガティブでメンタルが弱い方なので、メンタル面を鍛えないといけないと思いました。

 

今、どのような職業に就きたいか悩んでいて、2-3つぐらいには絞れています。今日、この授業を聴いて大変参考になりました。さまざまな会社があり、1つの業種でもたくさんの会社があります。選択に悩みますが、自分の考える給料ややりたいことに沿っているかなど、条件に合っている会社を選んでそこから考えてみようと思いました。初対面で人を判断するのは、やはり見た目なんだと改めて思いました。清潔感や笑顔である、キレイな人が有利なのは当たり前だと思います。これから就活する上で参考になりました。ありがとうございました。

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ