「働く人・学ぶ人のKnowledge Work(知的活動)を豊かに」@現代ビジネス論Vol.8

みなさん、こんにちは。

 

梅雨時期で湿度が高いですねぇ~。

 

カラッと晴れるのはいつなんだ…???

 

さてさて、恒例になってきました『現代ビジネス論』、今日は第8弾ですぞ。

 

今回は、コクヨ株式会社 会長室 課長 久田美香(ひさだ みか)様にお越しいただきました。

 

IMG_2557.JPG

(久田美香様と兒島先生)

美人!!!

 

IMG_2551.JPG

(本日の資料など)

 

久田様は、学生たちに資料だけでなく、自社製品のお土産も持参してくださいました。

 

IMG_2552.JPG

(お土産にいただいた「Campusノート」と「和ごむ」)

 

学生たちは、「わぁ~! ノートと和ごむカワイイ~☆☆」 「これ、授業で使ってるノートだ!」などと大喜び♪

 

私もいただき、内心「きゃっほぅ~☆ めちゃ嬉しい~!! コクヨ万歳!」と思いました(笑)。

 

IMG_2556.JPG  IMG_2555.JPG

(お土産をいただき喜ぶ学生たち)

 

さて、今日の講義は、コクヨグループの概要、事業を通じた様々な取り組み、私のキャリア形成の3本立てです。

 

IMG_2554.JPG  IMG_2553.JPG

 

まずはコクヨグループの概要から。

 

コクヨは明治38年創業で、今年で111年目を迎える老舗企業です。

 

和式帳簿からスタートして、今では主に家具製品や事務用品を扱っています。

 

IMG_2559.JPG

 

社名の由来は、創業者 黒田善太郎氏が富山県出身で、大阪に出てくるときに親から「国(故郷)の誉れとなるように」と言われたことから、社名を「国誉」にしたそうです。

 

1961年、社名を現在のカタカナ標記である「コクヨ株式会社」に変更しました。

 

へぇ~! コクヨって漢字で書くと「国誉」なんだぁ~!! と、私だけでなく、受講していた学生全員が驚いていました。

 

IMG_2562.JPG

 

ご存じのとおり、コクヨは、BtoC企業で、この企業を知らない人はいませんよね。

 

そりゃそーだ。 ブランド認知率98%!! 知らない人のほうが珍しいぞ!

 

ちなみに、ステーショナリー関連事業では、シェアNo.1!(すごい)

 

ファニチャー関連事業では、シェアNo.2(惜しい)、オフィス通販事業ではシェアNo.3(くぅ~っ)。

 

IMG_2560.JPG

 

資料を見て気づいたのですが、私がよく利用しているカウネットはコクヨの通販事業でした。

 

文房具などをネットで注文すると、翌日に届けてくれます。 めちゃ便利! 愛用してます!!

 

近年では、2006年にM&Aを行い、ACTUS(アクタス)を企業買収しました。

 

コクヨが、100年以上にわたって存続してきたのは、経営者が自社株式の大半を保有している「オーナー企業」としての強みを発揮してきたことと、企業理念として「商品を通じて世の中の役に立つ」ということを徹底しているからであり、経営の信條(社員の行動規範)は、それに基づいています。

 

次に、事業を通じた取り組みでは、コクヨデザインアワードとコクヨアートプロジェクトを実施しています。

 

DSC01189.JPG

 

お土産にいただいた「和ごむ」も2013年のデザインアワードの受賞作品です。

 

「今ごろ商品化?」と思っていませんか?

 

実は商品化するためには、耐久性などの検査や試作品を重ねるため、約1~2年かかります。

 

IMG_2563.JPG  IMG_2564.JPG

 

私たち消費者の手許に届くまでに、さまざまな人の手が加わり、商品化されるのです。

 

そして最後は、久田様のキャリア形成についてお話しいただきました。

 

IMG_2565.JPG

 

久田様は、21歳で入社され、29歳で社内の人と結婚されました。

 

入社当時は25-26歳で結婚し退職する人が8割近く占めており、(いわゆる「寿退社」です。みんなこの言葉知ってるかな?)、結婚された頃は、結婚では8割が辞めず、出産となると8割近くが退職するような状況でした。

 

そんな中、久田様は出産されても仕事を続けてこられました。

 

出産後復帰されたときは、ここでは書けませんが、かなりキョーレツなことを男性社員から言われたとか。

 

学生たちは「へ~そうなんだ」という顔で聴いていましたが、同世代で、当時の世間一般の結婚に対する意識を知っている私は「うっわぁ~、わかる! わかる!! め~~~っちゃわかるわぁ!!! どこの世界にもそんなことを言う人っているよね~!!!」と、深く深く頷きながら聴いていました(笑)。(多分、教室の中でイチバン首を縦に振ってたワタシ)

 

この時代、出産後の職場復帰は企業にとってウェルカムではありませんでした。

 

そう考えると、この10年ほどで女性が仕事と結婚を両立させるワークライフバランスは、ずいぶん変化してきましたよね。

 

31歳で復帰されたときは、仕事と育児の両立が大変で不安だったそうですが、いつか会社の役に立てるから、長い人生の中でリカバリーできるからとアドバイスをいただき、悲観的にならずにやってこられたそうです。

 

当時、一般職だった久田様は、経済状況によって自分のしている仕事は派遣でもできるのではと思い、行き詰まりを感じました。

 

「私の価値観は何? このままでは生き残れないかもしれない。 ダメもとでチャレンジしてみよう!」と思い、33歳で総合職へ転換されたそうです。

 

現在、会長の秘書をされていますが、秘書の仕事は(会長など)役員の補佐的な役割で、いわば裏方の仕事です。

 

「できて当たり前! できなかったら減点される」というプレッシャーと戦いながら、自分、子ども、家族、そして役員の予定をすりあわせながら今まで頑張ってこられました。

 

もちろん家族の温かい支援と協力があったもの事実です。

 

そして、今まで仕事をされてきて、今、女子大生に伝えたいことは4つ。

 

IMG_2567.JPG

 

1. 初めからあれこれ考えすぎない。-先ず動いてみる-

 

2. 思い通りにいかないことの方が多い。-反省し、後悔しない-

 

3. チャンスは突然やってくる。-そのときの為に備える-

 

4. 出会いを大切に。-出会いには意味がある-

 

とにかく考える前に動いてみること。考えていても前には進みません。

 

社会に出て、思い通りにいくことのほうが稀(レアケース)で、10のうちで1でも楽しいことがあったら、それでヨシとしよう。やってみて失敗してもいい。

 

反省は必要だけれど、くよくよ悩んで後悔しないこと。

 

会社に入社して、意にそぐわなくても、その仕事にまっとうして、チャンスを待つこと。

 

チャンスが来るまで粛々と誠実に準備しておきましょう。

 

社会に出ると様々な人と出会うことがあります。中にはイヤな人も。しかし出会いは「縁」であり、「意味がある」ものだと。

 

そのために、グローバル化に対応できる「英語力」と、どこの企業でも使える「ポータブルスキル」は重要です。

 

どこの会社に勤めたかは重要ではなく、「何を身につけたか、そこで何を学んで自分のものにできたか、そのスキルは他の会社でも使えるか」が重要なのだと。

 

DSC01204.JPG

 

今までさまざまな経験を通して、久田様が感じてこられたこと、そして大学生のうちに身につけておけば今後の人生に必ず役立つであろうと、人として、女性として、そして人生の先輩として、学生たちにアドバイスして下さいました。

 

久田様、ご多忙の中、大変有意義な講義をしていただき本当にありがとうございました。

 

さぁ~て、来週の講義は???

 

アストラゼネカ株式会社 人事総務本部 総務部長 山岸景子様にお越しいただき、「グローバル製薬企業」についてお話しいただきます。

 

お楽しみにぃ~♪

 

[学生の所感]

 お土産ありがとうございました。私が小学生の頃から、コクヨのファイルやノートを使っていました。今もコクヨのノートを使っています。それに私は文房具が好きなのでコクヨのお話を伺うことができて嬉しいです。コクヨの大阪本社もキレイで広くて仕事しやすい空間で、お客様がいらしても居心地が良い空間だと思いました。コクヨの歴史がこんなに長いと思っていなかったので驚きでした。コクヨの経営の信条の意味を聞いて深く胸に響きました。私も社会で働くときは、仕事とプライベート、家事、育児をうまく両立させて充実した日々を過ごしたいと思います。私も今まで出会った友人、これから出会う人たちを大切にしていきたいと思いました。

 

コクヨと聞いたら文房具を思いつくのですが、私たちが使っている机や椅子などの商品、コンビニの商品棚も作っていると聞いて驚きました。また事業比率を見て半分近くファニチャー関連事業の売上があり、すごいなと思いました。私は文房具が大好きで、中でもシャーペンが大好きです。今、orenzを使わせていただいているのですが、私は筆圧が高いため、「0.3だと折れやすいんじゃないか」と心配でした。しかし、このパイプがあるおかげで、あまり芯が折れずに使いやすいです。ノートも新しく出たCampusノートは字が書きやすく、また少しの行間が作られているため、英語の勉強をするときに活躍させていただいています。来年就活をするのですが、文房具会社にできれば就職できたらと考えています。今年のインターンシップでコクヨ様にエントリーさせていただきました。今日はとても興味深く楽しいお話をありがとうございました。

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ