2016年度 第2回 ノートテイカー交流会

みなさん、こんにちは。

 

雨ばっかりですねぇ~。

 

髪が広がってまとまらないライフプランニング学科の越智です(びよ~ん…)。

 

さてさて、今日は先日行われた第2回ノートテイカー交流会の様子をお伝えします。

 

IMG_2608.JPG  IMG_2612.JPG

(交流会の様子)

 

前回のノートテイカー交流会はこちらをチェケラ~☆

 

私が少し遅れていくと、すでに春学期の反省会の日程や、ノートテイカーが足りない授業を誰が担当するかなどが話し合われていました。

 

IMG_2609.JPG  IMG_2592.JPG

(日程調整中)

 

だいたい日程が決まったところで、次は確認事項です。

 

ノートテイクをしていて困ることなどについて話し合われました。

 

あるノートテイカーから、ネイティブの授業でグループワークをするときに、邪魔にならないようにするにはどうすればいいかという質問が出ました。

 

IMG_2607.JPG  IMG_2605.JPG

 

そのときは机の位置をL字型に工夫して、他の学生と聴覚障がい者の学生がコミュニケーションを取ることができるようにして下さいとアドバイスがありました。

 

IMG_2604.JPG  IMG_2593.JPG

(学生ボランティア代表のウィンフィールド麗美クリスティーナさん)

 

この他、ノートテイカーは、聴覚障がい者の学生の両隣に座ってノートテイクをするのですが、急遽ノートテイカーが来られない状況になってしまった場合について話し合われました。

 

ノートテイクは、聴覚障がい者の学生のいわば「耳」です。

 

したがって、どうしてもノートテイクができない場合は、遅くとも前日に他のノートテイカーと連絡を取って代理をたてるなどして対処するようにと、一般ボランティアの方からアドバイスをいただきました。

 

電車の遅延や急な体調不良などの場合は、どうしても1人のノートテイカーで対応しなければなりません。

 

そのときは腹をくくって、ノートテイクを頑張って下さい!!

 

IMG_2610.JPG

 

私の授業でも、ノートテイカーさんが1人で対応しているのを見ると、教員側として申し訳なく思います。

 

しかも私の授業はかなり説明が長いし、テキストを見たり資料に書き込んだり、電卓を使ったりと忙しいので、ノートテイカーさんの様子を見ながら、授業を進めています。

 

IMG_2611.JPG

 

何より一番困るのは、聴覚障がい者の学生で、耳がわりのノートテイカーさんが欠けているわけですから、かなり不安のようです。

 

もちろん彼女なりに、ノートテイカーさんに気を遣っています。

 

ノートテイカーのみなさん、聴覚障がい者の学生の耳である以上、責任を持って取り組んで下さいね。

 

いつもいつも聴覚障がい者の「耳」となって、授業に参加してくれること、本当に本当に感謝しています。

 

ありがとうございます!!!

 

春学期、残すところあと1ヶ月となりましたが、引き続き、どうかよろしくお願いします!!!

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ