コーポレートコミュニケーションとビジネス活動@現代ビジネス論Vol.2

みなさん、こんにちは。

 

暑いくらいになってきましたね~。

 

この時期、紫外線が一番強いので、ちょっと油断をするとすぐに日焼けしてしまいます。

 

UVカットをお忘れなく。 レディのたしなみだわっ!

 

さてさて、本日は『現代ビジネス論』の第2弾をお送りします。

 

第1回目の授業は「暮らしを創る@現代ビジネス論Vol.1」をチェーック♪ 

 

第2回目の授業は、前回に引き続き、象印マホービン株式会社 まほうびん記念館初代館長粟津重光(あわづ しげみつ)先生です。

 

今回は、「コーポレートコミュニケーションとビジネス活動」というテーマで、企業博物館の展示にみる販売促進活動(略して販促)からCC(コーポレートコミュニケーション)についてです。

 

前回、とても楽しいお話しばかりだったので、先生はいそいそと講義を聴きに行きましたよ(るんるん♪)。

 

ありゃ? すでに呉先生も聴きに来ているではありませんか!

 

2016.4.21DSC00659.JPG

 

CCとは、企業のコミュニケーションシステムを一括してマネジメントすることで情報の受発信機能を充実させていこうとするものです。 このテーマを企業博物館の展示から見ていきました。

 

IMG_2245.JPG   IMG_2246.JPG

(トヨタ博物館)           (資生堂企業資料館)

 

IMG_2247.JPG   IMG_2248.JPG

(花王ミュージアム)        (インスタントラーメン発明記念館)

 

博物館から企業の歴史や経営理念を知ることができ、企業史料の大切さを知ることができます。

 

粟津先生は、それぞれの企業博物館の特徴を交えながら、企業博物館が、ステークホルダー(利害関係者)と企業とのコミュニケーションの場としての役割を担っていることについて説明して下さいました。

 

IMG_2249.JPG

(お約束のまほうびん記念館)

 

象印マホービンは、1964年(昭和39年)に協和魔法瓶工業株式会社から象印マホービン株式会社に社名を変更したとか。

 

今のマークにたどり着くまで10回ほど変更したそうですよ。

 

みなさんのお家に、もしかしたら違うマークの象印の製品があるかもしれませんね。

 

象印の広告宣伝や炊飯ジャーの秘話を振り返りながら、CMについて触れ、過去から現代に至るまでのCMを見せていただきました。

 

IMG_2224.JPG   IMG_2229.JPG

(栗原小巻さん)             (千昌夫さん)

 

IMG_2227.JPG   IMG_2230.JPG

(桂三枝さん)            (賀来千香子さん)

     

IMG_2234.JPG

(岩下志麻さん 象印夫人シリーズです)

 

名だたる俳優、女優を起用してのCMですね。

 

製品もその時代の移り変わりがみてとれます。

 

IMG_2221.JPG   IMG_2225.JPG

 

IMG_2228.JPG   IMG_2232.JPG

 

IMG_2239.JPG

 

呉先生と一緒に、「うわ~、懐かしいですね。」と笑いながら、見させていただきました。

 

象印はこのほかに、食器洗い機も開発していますが、他の企業は、洗濯機事業部がそれを請け負い、「いかにキレイに洗うか」という視点から食洗機を開発したそうです。

 

しかし、象印マホービンは「日本の狭小のキッチンにおける食洗機はどのようなものか」という生活者の視点に立った商品開発を行って、売上を伸ばしてきました。

 

炊飯ジャーにしても、生活者の視点に立っていますよね。

 

象印マホービンは、1918年(大正7年)創業の100年近く続く大阪を代表する企業です。

 

企業が長きにわたって続く秘訣は、決して営利追求(儲けること)だけが目的ではなく、社会に対して真面目に向き合っているからだとおっしゃっていました。

 

創業者の企業理念が脈々と受け継がれて現在に至っています。

 

これは今後も変わることはありません。

 

広告・広報活動は、企業イメージを売るものであり、社会的責任と役割を果たしているのだと。

 

すばらしいお話しでした!!!

 

IMG_2233.JPG   2016.4.21DSC00652.JPG

 

最後は、加藤先生が2回の粟津先生のお話を総括されました。

 

IMG_2240.JPG   IMG_2242.JPG

 

粟津先生、2回にわたっての講義、本当にありがとうございました!!!

 

さぁ~て、次回の現代ビジネス論は???

 

「エレクトロニクス産業のイノベーション」というタイトルで、元 株式会社村田製作所 広報部長 現 大島BtoBコミュニケーションズの大島幸男様にお越しいただきます。

 

みなさんは村田製作所をご存じですか?

 

知る人ぞ知る、注目株の企業です!

 

どうぞお楽しみに♪

 

[学生の所感その1]

顧客の目線に経ち、アイディアを出していかないといけない。以前のCMを見て、「古いな~。今の炊飯器や家電製品を昔の時代の人が見たら驚くだろうな」と思いましたが、そう考えたら、すごく使いやすく進化していて、新製品が今もなお、開発されているのだと思いました。

 

[学生の所感その2」

CCという言葉を今日の授業で初めて聞きましたが、企業内で1つの部署ができるほど、重要なものになっているということがわかりました。コミュニケーションを活用することでマーケティング活動だけでなく、企業内の問題対策にも取り組むことができることを理解しました。

 

[おまけ]

 

IMG_2244.JPG

(研究室で愛用している私のポットは象印~☆☆☆)

 

(ライフプランニング学科 ライフの元気印夫人(?)の越智砂織)

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ