第1回ノートテイク講習会が行われました

みなさん、こんにちは。

 

花粉症MAXでマスクが手放せないライフプランニング学科の越智先生です。

 

目はかゆいわ、鼻はムズムズ…、ずびずび…。

 

くしゃみも…。ふぇ…ふぇ…(←くしゃみが出そう)。

 

(遠くから)ハックション!!! 

 

……誰?

 

ライフプランニング学科の竹村先生のくしゃみでした(竹村先生も花粉症…)。

 

さてさて、今日は「ノートテイク講習会」の様子をお伝えします。

 

ノートテイクとは、聴覚しょう害のある学生に先生の話を聞きながらポイントを要約して書いて伝えることです。

 

(詳しくは、前回のブログ「第1回 ノートテイカー交流会を行いました」をチェケラッチョ☆)

 

みなさんは、こんなチラシを見たことありませんか?

IMG_1813.JPG

 

ラーニングサポートにも置いていますが、授業でも配付させていただきました。

 

ノートテイクは、学内でできるボランティアです。

 

今日は、ノートテイクのボランティアをやってみたいと希望してくれた学生のために、SWING(東大阪ペンの会というボランティア団体)の協力のもと、ノートテイク講習会を行いました。

 

IMG_1808.JPG  IMG_1776.JPG

 

まずはテキストを使って、書き方やそのテクニックを教わります。

 

IMG_1778.JPG  IMG_1780.JPG

 

(テキスト)          (ノートテイクに使うつるつるの紙と書きやすいペン)

 

ノートテイクは、紙とペンを使って行います。

 

パソコンで打ったほうが早いのでは?と思われましたか。

 

確かにパソコンでノートテイクをする方法もありますが、実は、紙に書いた方が早い場合もあるのです。

 

一通り講習を受けた後、実際に神田先生に授業をしていただき、ノートテイクをやってみました。

 

SWINGの方と事務職員に聴覚しょう害者の役をしていただき、真ん中に座ってもらいます。

 

その両サイドにテイカーが座って、いざノートテイク!

 

IMG_1782.JPG

 

IMG_1801.JPG  IMG_1803.JPG

 

初めての体験にドキドキしながら、先生が話された内容を必死にノートテイクしていきます。

 

IMG_1799.JPG  IMG_1798.JPG

 

90分の授業をノートテイクするのは本当に大変ですから、10分から15分おきに、テイカーが交代します。

 

交代するときは「交代します」のカードをもう一人のテイカーに見せてから交代します。

 

IMG_1792.JPG

 

一人のテイカーがノートテイクをしているときは、もう一人のテイカーは休憩中…ではありません。先生の指示を聞いてフォローをします。

 

模擬講義を終えて、聴覚しょう害者の役をした人からの要望を聞いたり、感想を述べたりして、意見交換を行いました。

 

IMG_1807.JPG  IMG_1806.JPG

 

初心者にとって、初めてのノートテイクはなかなか難しかったようでした。

 

最初から完璧にノートテイクはできません。何回かこなしていけば大丈夫!!

 

これから徐々に頑張ってくれたら…☆

 

講習会を開いて下さったSWINGの方、参加してくれたノートテイク希望者の学生さん、事務職員の塚本さん、神田先生、本当にお疲れ様でした。

 

第2回の講習会は今月23日に行われます。

 

ラーニングサポートでは、随時ノートテイカーを募集していますので、興味を持ったそこのアナタ!

 

ぜひ、ラーニングサポートまで申し出て下さいね。

 

字が汚いしぃ~。 書くのが遅いしぃ~。…なんて心配は無用です!!!

 

一人一人は小さな力でも、みんなの力が集まれば大きなボランティア活動になります!!!

 

IMG_1812.JPG

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ