図書館で文献探索ガイダンスを行いました

みなさん、こんにちは。

 

読書の秋ですよ~☆

 

個人的には食欲の秋!と言いたいライフプランニング学科の越智です。

 

さて今日は、先日図書館で行われた文献探索ガイダンスについての紹介です。

 

IMG_1571.JPG

 

文献探索ガイダンスは、「レポートや(卒業)論文を書くために、テーマに沿った文献や資料をどうやって集めるのか」といった資料の探し方・調べ方についての説明会です。

 

「そんなんスマホでちょちょいのちょい!」と思っていませんか。

 

こらこら…。

 

大学のレポートや論文はそんなにカンタンに書けませんし、またネットで検索した記事を勝手に使う(これを盗用といいます)ことは許されません(←著作権侵害です!)。

 

また、インターネットの記事は誰が書いているのかわからないことが多く、そのため記事の内容が正しいのか判断できません。インターネットの記事をむやみに信用することは危険です。

 

情報元が信用でき、かつ引用したことを明らかに表示するなら、インターネットで検索した資料を用いることは構いませんが、やはりレポートや論文には、図書や雑誌といった研究者や専門家によって書かれた書物を用いるべきです。

 

私のゼミ(専門領域を学ぶ少人数のクラス)は、「家計」領域が専門ですので、その領域の資料の集め方を図書館の方に教えていただきました。

 

IMG_1574.JPGIMG_1572.JPG

(図書館内の資料を探すときに使用するデータベースや、新聞・雑誌の利用などについて説明を受けています)

 

みんな真剣に資料収集の方法を聴いています。

 

最近は、他人の書いた論文を検索する『CiNii(サイニィ)』や全国の公共図書館や大学図書館の蔵書を検索する『WebcatPlus(ウェブキャットプラス)』などのデータベースが発達していますから、資料を探すのもすごくラクになりました。

 

私が学生の頃なんて図書館の書庫に籠もって1冊ずつページをめくって探していましたもんね。……っていつの時代やねん!

 

説明を聴いた後は、実際に図書館のパソコンを使って、資料検索の体験です。

 

IMG_1583.JPGIMG_1576.JPG

(説明を聴いて資料を検索)(え~っと、資料はあるかな?)

 

ちなみに私のゼミでは、4回生から取りかかる卒業論文に向けて、関心のあるテーマについてミニ論文を書かせることにしています。

 

学生たちは、早速パソコンをカタカタ叩いて、資料を探していました。

 

IMG_1581.JPG

(画面を見ながら丁寧に教えて下さいます)

 

IMG_1577.JPG

(資料の探し方のリーフレットもちゃんと用意してくれています)

 

仮に本大学の図書館に利用したい資料がなくても大丈夫!

 

他の大学の図書館を利用することもできるし、また資料を取り寄せてくれることも可能です。

 

レポートや論文を仕上げるためには、図書館と上手につき合うこと!

 

これに限ります!!

 

どしどし図書館を利用しましょう!!!

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ