学外授業で「ファッション史の愉しみ」展に行きました!

12/6(土)、化粧学専攻の2回生30名が「化粧学基礎演習」の学外授業で
神戸ファッション美術館に行きました。
学芸員 浜田久仁雄氏のレクチャーと、同じく中村圭美氏の案内で、
特別展「ファッション史の愉しみ―石井彰ブック・コレクションより―」
を見学しました。
 
kengaku-1.jpg    kengaku-2.jpg
 
この展示で一同に集められたファッション・プレートは、ファッション史研究の
重要なビジュアル資料であるだけでなく、メイクやヘアスタイルの歴史も伝える
たいへん面白くわかりやすい資料です。
 
学生たちは、何百年も前からの貴重な資料を前にして、その繊細な画風、
人物たちの表情、ヘアメイクのスタイルなどのおもしろさや意味深さに、
感嘆していました。
 
また、19世紀に流行の膨らんだスカート(クリノリン)が復元され、
学生たちはそれを順番に着装して、当時のスカートドレスを体感して
楽しみました。
 
kengaku-3.jpg
 
 
被服学専攻の講義授業やゼミなどでも、学外授業として本展示の見学に
行っています。
 
こういった実物を見て感じる体験によって、よりいっそうおしゃれや
ファッションの意味を学んでいくことができますね!
被服学科では、こうした体験を通した学びを大事にしています。
 
また、神戸ファッション美術館とは学館協働事業を通して深い繋がりで
学生の学びをサポートしています。
今回の展示でも、被服学科によってファッション・プレートのアーカイブや
展示協力が行われました。
 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ