「第6回メイクの日In Osaka」~トータルファッションコンテスト編~

最後は、トータルファッションコンテストをご報告します。
 
今年のコンテストのテーマは「Show-in! Show-out!! Show-up!!!」
本学被服学科と大学院化粧ファッション学専攻の学生で構成された、計7チームが出場しました。
 
90分間でテーマに沿った衣裳・メイク・ヘア・ネイルなどのトータルファッションを競い合います。
このコンテストの特徴は、作品の制作プロセスもご覧いただけるところです。
 
衣裳制作ブースです。
衣裳に使う生地は有限会社ライズさんから提供していただきました。
培ってきた技術を精一杯出しきるぞ!!
 
c-1.jpg   c-2.jpg
 
c-3.jpg
 
ヘア・メイク・ネイル制作ブースです。チームワークで施術はスムーズに!!
 
c-4.jpg   c-5.jpg
 
c-6.jpg
 
衣裳制作ブース、ヘア・メイク・ネイル制作ブースに分かれていた各チームのメンバーがステージに集結。仕上げを行います。
 
c-7.jpg   c-8.jpg
 
いよいよ審査です。
各チームはステージ上で作品の解説やアピールを行い、モデルが会場をランウェイ!
ご来場のお客様にも完成した作品をじっくりと見ていただきます。
 
c-9.jpg
 
審査は、衣裳・メイク・ヘア・ネイルの専門家の方々と会場のお客様に行っていただき、樟蔭大賞(最優秀賞)、部門賞(衣裳賞・メイクデザイン賞・ヘアスタイリング賞・ネイルアート賞)、会場賞を決定します。
 
7チームのモデルが勢揃い!!!
c-10.jpg
 
どのチームも細部までアイデアを凝らしました!
 
c-11.jpg   c-12.jpg
 
審査結果が発表されると、歓声と共に思わず涙も。
喜び、悔しさ…様々な思いが入り混じります。頑張った証拠ですね(^^)/
 
 
―樟蔭大賞を受賞した、チーム「J&W」の寺田遥さん(化粧文化コース3回生)のコメント―
コンテストに参加できたこと、賞をいただいたことを誇りに思います。
私たちは、テーマやコンセプトをじっくり考え、何度もデザインを変更し、
試行錯誤しました。
各アイデアを1人のモデルに制作していくことはとても難しかったです。
しかし、悩む度アドバイスを出し合いチームで協力したことで思いが1つになり、
最高のデザインができ上がりました。
皆の頑張りが嬉しい結果となり、ありがとうと笑顔で言い合ったことは忘れません。
コンテストに参加して人間的に成長できたと思います。本当に良い経験でした。
 
c-13.jpg
 
トータルファッションコンテストは“全国で唯一、被服・化粧・美容をトータルで学べる”という本学の大きな特色を活かしたイベントなのです!
 
 
※被服学科ホームページでは、メイクの日の実施風景スライドショーをご覧いただけます
 
 
※前回のブログでご報告しましたトライアルメイク・ネイル、ハンドマッサージの様子をビデオでもどうぞ!
 
「第6回メイクの日動画(トライアル)」
 
 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ