「海外研修報告会」 私たちがNZで学んだこと~語学研修・幼稚園実習の成果を学生が報告

2014.02.18 児童学科

「行ってよかった!」

約4ヶ月間のニュージーランド研修から帰国した3回生の奥田真梨さんと築田佳奈さんが、現地での語学研修と幼稚園実習について、先生や後輩たちに元気いっぱい報告してくれました。

 

2014-01-15 13.14.32 (400x300).jpg   2014-01-15 13.15.00 (400x302).jpg

 

この研修は、将来、保育士や幼稚園、小学校の先生をめざす児童学科の学生のために設けられたもので、語学学校で英語を学びながら、幼稚園で実習も受けられるという本学独自の制度なんですよ。

 

奥田さんと築田さんは昨年9月から12月までニュージーランドのオークランドに滞在。

名門オークランド大学に併設されている語学学校English Language Academy(ELA)でみっちり英語を学び、その後オークランド市内の幼稚園で実習を受けてきました。

 

英語研修では、ELA入学前にまずは英語力のテスト。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの能力をはかり、レベルに合わせてクラスが分けられます。授業はあいさつからはじまって、昨日体験したことなどを生徒同士フリートークで話しあいます。奥田さんも築田さんも最初は正直戸惑ったようですが、

「少々文法がまずくてもボキャブラリーがなくても、とにかく話し続けよう!っていう感じで、身振り手振りを交えながら一生懸命話しました」。

 

IMG_1006 (400x300).jpg

 

生徒には同年代の人もいればずっと年配の人もいたり、国籍もサウジアラビア、中国、韓国、ロシア、チリ・・・とさまざま。英語力はまちまちでしたが、自分のこと、母国のこと、お互いが話したいことを思う存分話しあいました。テキストは特になく、先生が考えた会話の練習やゲームでフレキシブルに進められます。もちろん、学校にいる間は日本語はナシ、英語オンリーです。耳が慣れると言葉も口をついて出てくるようになりました。

 

クラスによって、授業があるのは午前か午後のどちらか。

空いた時間はみんなでパーティーやバーベキューをしたり、

休日にはホームステイ先のホストマザーに料理をつくってあげたり、人生初の経験だったスカイダイビングに挑戦したのもいい思い出です。

 

IMG_3866 (297x400).jpg     IMG_7795 (400x272).jpg

 

そしてなんといっても、幼稚園実習。

奥田さんも築田さんも高校生の時に、本学の児童学科にこの制度があることを知って、「わたしも行きたい!」と入学を決めたきっかけにもなった実習です。

 

IMG_4497 (400x300).jpg

 

ふたりが最初に驚いたのは、幼稚園にはクラスというものがなく、今日はこれをしましょうという決められたプログラムもないこと。

40人ほどいる園児たちは登園すると、思い思い自由に遊びます。

でも園児たちが遊んでいる床にはのこぎりやトンカチが…。日本でなら、危ないので子どもたちのそばに置かないものが普通に転がっていたりします。

もしケガをして痛い目にあっても、それも学習という考えからのことです。

「園児が自分で考えて動くことは大切にするけれども、悪いことをした時は思いっきりしかる、というメリハリをつけていました。私もそんな先生になりたいと思いました」とは築田さんの感想です。

 

奥田さんと築田さんも園児に何かを教えるという意識はなくして、どう触れ合うかを考えました。子どもたちが喜ぶことならなんでもやってあげてね!と先生たちにも任せてもらえたので、大学の演習で学んだ折り紙や手遊びを教えてあげたり、お寿司をつくってあげたりすると、園児たちは大喜びだったようです。

 

「将来はもちろん保育士や幼稚園の先生になりたい!」という奥田さんと築田さん。

その夢をかなえるため、大学でも音楽や絵画、工作など、たくさんの演習に取り組む毎日をおくっています。現場ですぐに活躍できる人を育てるため、豊富な演習をカリキュラムに取り入れているのが児童学科の特徴ですが、そんな大学での学びがNZでの幼稚園実習でもとても役に立ったようです。

 

2014-01-30 11.56.20 (400x339).jpg   2014-01-20 14.15.04 (400x295).jpg

   奥田真梨さん                 築田佳奈さん

4回生からは保育園や幼稚園での実習が本格的にはじまります。でも今回の経験があるので、自信をもってどこにでも行けますとふたり。

「英語力がついたこともですが、一番良かったのは幼稚園実習に行って、自分がどんな先生になりたいかが見えてきたこと。NZの幼児教育のスタイルで、いいなと思うものは日本でも広めていきたいです。海外で暮らす不安もありましたが、行って本当によかった!」

 

海外の幼稚園で実習を受けられる貴重な機会。

将来、保育士や幼稚園の先生をめざしている高校生のみなさんにも、

ぜひ本学の児童学科に来て利用していただきたいですね。

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ