伝統的人形メーカーとの協働で新しい人形を発表しました!

2012.11.10

雛人形などの伝統的な人形を製造販売している「株式会社松よし人形」と被服学科が連携し、全く新しいタイプの人形を発表しました。


matsuyosi-dolls.jpg

 

これは、松よし人形がこれまでの伝統的な日本人形に代わる新しい人形を開発する中で、服飾美学研究室のゼミ生たちが展示用の衣装制作に協力し、作品を完成させたものです。

人形用の衣装の制作にあたっては、実際に人形衣装を制作している松よし人形の工房を訪れ、プロの職人さんから人形衣装を作る際の縫製のコツなどを教えてもらいながら進められました。衣装のデザインからパターン(型紙)作成、生地の裁断、縫製まで全て学生自身が試行錯誤を重ねながら、完成まで漕ぎつけました。
 

完成した人形と衣装は、11月7・8日にマイドーム大阪にて行われた「第25回東大阪産業展テクノメッセ東大阪2012」にて展示され、多くの方々の注目を浴びたほか、新聞等でも紹介していただきました。

matsuyosi-dolls2.jpg

matsuyosi-dolls3.jpg

 

被服学科の学生の力作をぜひご覧ください。

matsuyosi-dolls4.jpgmatsuyosi-dolls5.jpg

matsuyosi-dolls7.jpgmatsuyosi-dolls6.jpg

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ