よくあるご質問

入試全般について

Q.浪人生でも受験できますか?

A.

受験可能です。
ただし、推薦入試は1浪までの方が受験可能です。

Q.高等学校卒業程度認定試験合格者は受験できますか?

A.

試験の形式によって、受験できるものとできないものがあります。
一般入試、大学入試センター試験利用入試は受験できます。ただし、推薦入試は、受験資格がありません。

Q.入試の解答方法は全部マークシート方式ですか?

A.

AO入試・一般入試C以外の試験は、すべてマークシート方式です。

Q.試験日によって、出題される問題の難易度は変わりますか?また、選択科目によって有利・不利はありますか?

A.

問題作成にあたって、試験日・科目ごとの難易度に差異がないように配慮しています。
もし各科目の平均点に開きがあった場合、偏差値を用いて調整します。

Q.現役生と浪人生の違い、また試験会場の違いによる有利・不利はありますか?

A.

違いによって、有利・不利はありません。
合否判定では、現役生と浪人生の区別は行いませんので、有利・不利はありません。
試験会場についても同日同一問題を出題しているため、試験会場の違いによる有利・不利はありません。
都合のよい会場を選んでください。

Q.1回の試験で、2つの学科を受ける事はできますか?

A.

出願時に、第3志望までを申請できる第3志望制度があります。
推薦入試A・B、一般入試AⅠ・AⅡ・Bにおいて、第3志望制度を実施しております。
なお、AO入試、一般入試AⅢ・C、大学入試センター利用入試A・Bでは実施しておりません。
詳しくは、下記ページをご参照ください。

入試のポイント・新制度

Q.身体に障がいがあるのですが、受験することは可能ですか?

A.

まずは、入試広報室までご相談ください。
入学試験時および入学後に特別な配慮を必要とされる場合は、必ず出願前に入試広報室(06-6723-8274)までご相談ください。

Q.成績優秀者には特別に奨学金が出る入試があると聞いたのですが、どの入試ですか?

A.

推薦入試A・一般入試AⅠ・大学入試センター試験利用入試Aにおいて、適用します。
推薦入試A・一般入試A Ⅰ・大学入試センター試験利用入試Aの試験結果により、各学科の成績優秀者を「特別給付奨学生候補者」に指定し、合格通知書とともにその旨を通知します。特別給付奨学生候補者に指定された者で当該学科に入学した者に、奨学金として年間30万円を給付、4年間で120万円を給付します。(※各学年で成績評価基準あり)

特別給付奨学金制度(スカラシップ制度)

Q.スカラシップ(特別給付奨学金)チャレンジ試験とは、どのようなものでしょうか?

A.

推薦入試Aを受験し合格した受験者は、スカラシップの権利獲得のために一般入試A Ⅰ を受験することができます。
ただし、同一学科・専攻・コースの受験に限ります。また、その際の入学検定料は不要です。
※出願手続きが必要です。

スカラシップチャレンジ制度

Q.AO入試は、実施していますか?

A.

実施しています。実施形式は、「オープンキャンパス参加型」「授業体験型」「自己アピール型」の3種類となります。ただし、健康栄養学科は実施しておりません。詳細はAO入試ガイドをご覧ください。また「AO入試ガイド」は、下記「AO入試」ページにてご参照ください。

資料請求

AO入試

インターネット出願について

Q.iPhoneなどのスマートフォンやタブレット端末で出願申込は可能ですか?

A.

お使いのスマートフォンやタブレット端末でも出願申込は可能ですが、推奨環境ではありませんので、画面の表示が乱れたり、一部機能がご利用いただけない場合があります。詳しくは下記の「インターネット出願ガイド」を参照してください。

インターネット出願ガイド

Q.インターネット環境が自宅にありません。

A.

入試広報室(TEL.06-6723-8274)にお問い合わせください。出願最終日までに余裕がない場合は、近隣で利用できるインターネット環境(学校等)による出願や、出願期間中において入試広報室での出願登録も検討してみてください。

Q.自宅にパソコンやプリンターがない場合は出願できませんか?

A.

できます。自宅以外(学校等)のパソコンも利用可能です。プリンターがない場合は、一部のコンビニエンスストアにて、メディアリーダーを備えたコピー機があります。お持ちのメディアに印刷が必要なPDFファイルを入れて、コンビニエンスストア店頭へお持ちください。※やむを得ない事情がある場合は、入試広報室(TEL.06-6723-8274)に直接お問い合わせください。

Q.メールアドレスがない場合はどうしたらいいですか?

A.

メールアドレスは、携帯電話やフリーメール(Gmail、Yahoo!メールなど)でも構いません。ご登録いただいたアドレスには、出願登録完了、入金完了の確認、出願完了の確認のご案内などが送信されますので、必ず登録してください。携帯電話のアドレスの場合はドメイン(@osaka-shoin.ac.jp)を受信設定してください。

Q.ポップアップがブロックされ画面が表示できません。

A.

GoogleツールバーやYahoo!ツールバーなどポップアップブロック機能を搭載しているツールバーをインストールしている場合、ポップアップがブロックされ、ポップアップ画面が表示されない場合があります。本学のインターネット出願サイト(www.postanet.jp)のポップアップを常に許可するよう設定してください。

Q.氏名や住所の漢字が登録の際にエラーになってしまう。

A.

氏名(日本国籍の方は、戸籍簿に記載されている氏名)や住所などの個人情報を入力する際に、異体字等の漢字が登録エラーになる場合は、代替の漢字(なければカナ)を入力してください。なお、氏名に限り対応できる範囲で正しい漢字で登録することは可能です。ただし、原則として本学のコンピューターで使用できる漢字とします。

Q.登録した個人情報は安全に保護されますか?

A.

数多くの大学で採用されているインターネット出願システムを採用しています。個人情報を保護するセキュリティ面でも実績がありますので、ご安心ください。

Q.出願登録後に入力内容の誤りに気づいた場合変更できますか?

A.

入学検定料の支払い前であれば手続きを中止し、トップページから再度出願手続きをしてください。なお、入学検定料支払い後、出願サイトからの変更はできませんので入試広報室(TEL.06-6723-8274)までご連絡ください。

Q.出願登録した後で確認できますか?

A.

出願登録後、出願登録番号が発行されます。下記のインターネット出願サイトの〔出願内容の確認〕ボタンより、出願登録番号と生年月日、電話番号を入力・ログインすると、自分が登録した内容を確認できます。

インターネット出願サイト

Q.入学検定料支払い後、「高得点科目重視型」などの併願を追加できますか?

A.

入学検定料の支払い完了後の変更、追加は一切できません。支払い前によく確認のうえ出願してください。

推薦入試について

Q.推薦入試Aにおいて、2日間受験する場合、調査書・推薦書は2部必要ですか?

A.

出願(Web入学志願票)は各受験日ごとに必要ですが、1回にまとめて出願いただければ調査書・推薦書は1部でかまいません。
検定料割引を受ける場合も、出願は2日間同時に行う必要があります。ご注意ください。

Q.推薦入試で調査書の評定値の基準はありますか?また、調査書は点数化するのですか?

A.

推薦入試A・Bとも評定平均値の基準はありません。
また高校3年生1学期までの評定平均値を10倍して点数化し、当日の基礎学力テストと総合して判定します。
推薦入試「高得点科目重視型」では点数化されません。

Q.推薦入試Aの「高得点科目重視型」はどのような入試ですか?

A.

「スタンダード型」の受験が必須で、受験した2科目のうち、必須・選択にかかわらず、高得点科目を自動的に2倍に換算し、300点満点で判定します。1日の試験で「スタンダード型」「高得点科目重視型」両方に出願し、それぞれ「第3志望制度」を使用すると、最大6回の合格のチャンスが拡がります。さらに2日間受験すると、最大で12回の合格チャンスとなります。得意科目がある場合は有利になります。
※「高得点科目重視型」の出願は、別途入学検定料が必要となります。

高得点科目重視型

Q.推薦入試は、欠席日数が多ければ不利になりますか?

A.

不利になりません。
調査書では、全体の評定平均値×10で点数化するだけで、欠席日数による有利・不利はありません。

Q.推薦入試で不合格の場合、一般入試、大学入試センター試験利用入試を受験できますか?

A.

受験可能です。
ただし、出願書類や入学検定料はそれぞれに必要です。

Q.選択科目はいつ決めたらいいのですか?また、選択科目を複数解答してもいいのですか?

A.

試験当日選択することができます。複数科目解答の場合、得点の高い科目で判定します。
選択科目については、試験当日選択することができます。出願時に申請する必要はありません。また、複数科目解答の場合は、高得点の順に教科・科目を採用し、合否判定に使用します。ただし、希望する学科が指定する科目(必須科目)は必ず受験してください。詳しくは、「入学試験要項」をご確認ください。

Q.推薦入試で合格した場合でも、後の一般入試・大学入試センター試験利用入試で他学部、他学科を受験できますか?

A.

併願での合格の場合のみ、受験可能です。
ただし、出願書類や入学検定料はそれぞれに必要です。

Q.推薦入試Aの受験日が2日ありますが選ぶことは可能ですか?また、どちらも受験することは可能ですか?

A.

都合のいい日に受験できます。また両日受験も可能です。
本学では、「試験日自由選択制」を採用しております。都合のいい日を受験することはもちろん、両日とも同一学科・専攻・コース、異なる学科・専攻・コースを受験できます。
複数の学科・専攻・コースに合格した場合、希望の学科・専攻・コースが選べます。ただし、両日とも試験問題の内容は異なります。
※入学手続き後の学科・専攻・コースの変更はできません。

試験日自由選択制

Q.推薦入試Aが不合格になってしまいました。推薦入試Bを受けても大丈夫ですか?

A.

受験可能です。
出願や入学検定料はそれぞれに必要ですが、入学検定料については入学検定料割引制度が適用されます。
※入学検定料割引制度の詳細については、下記ページをご参照ください。

入学検定料割引制度

Q.指定校推薦は実施していますか?

A.

実施しております。
指定校かどうか、また選考方法等詳細については、高校の進路指導の先生にお問い合わせください。

Q.推薦入試A日程の2日間は、同じ問題が出るのですか?

A.

同じ問題ではありません。それぞれ異なります。

Q.調査書の評定平均値の最低点というのはありますか?

A. 最低点は特に設けていません。
本学では、全体の評定平均値を10倍して点数化し、基礎学力テストと総合して判定しますので、特に最低点を設けておりません。

一般入試について

Q.一般入試の調査書の扱いはどの程度ですか?

A.

参考程度です。
合否判定の際に参考資料とします。点数化はしません。

Q.大学入試センター試験を利用した入試を受けたいのですが、加えて大学で試験を受けないといけないのでしょうか?

A.

大学入試センター試験利用入試A・Bについては、本学独自の学力試験は実施しておりません。
大学入試センター試験利用入試A・Bでは、各学科・専攻・コースが指定する科目によって合否判定を行います。本学独自の個別学力試験は課しません。ただし、指定する科目を受験しなかった場合は不合格になりますので、ご注意ください。
また、一般入試AⅡの学力テストと、大学入試センター試験、それぞれの高得点1科目を組み合わせた「一般入試AⅢ(センタープラス)」もあります。

Q.選択科目はいつ決めたらいいのですか?また、選択科目を複数解答してもいいのですか?

A.

試験当日選択することができます。複数科目解答の場合、得点の高い科目で判定します。
選択科目については、試験当日選択することができます。出願時に申請する必要はありません。また、複数科目解答の場合は、高得点の順に教科・科目を採用し、合否判定に使用します。ただし、同一時間に実施される科目は、いずれか1科目のみの選択となります。また、希望する学科が指定する科目(必須科目)は必ず受験してください。詳しくは、「入学試験要項」をご確認ください。

Q.一般入試AⅠ、AⅡの「3科目型」について教えてください。

A.

「2科目型」の受験が必須となり、3科目で合否判定を行います。「2科目型」の場合でも3科目全てを受験できますが、選択科目のうち高得点科目を判定に使用します。1日の試験で「2科目型」「3科目型」両方に出願し、さらに「第3志望制度」を利用すると最大6回の合格チャンスとなります。さらに2日間受験だと、最大12回の合格チャンスとなります。 ※「3科目型」の出願は、別途入学検定料が必要となります。

3科目型

Q.一般入試AⅠの受験日が2日ありますが、どちらかを選べますか?

A.

都合のいい日に受験できます。また両日受験も可能です。
本学では、「試験日自由選択制」を採用しております。都合のいい日を受験することはもちろん、両日とも同一学科・専攻・コース、異なる学科・専攻・コースを受験できます。
複数の学科・専攻・コースに合格した場合、希望の学科・専攻・コースが選べます。ただし、両日とも試験問題の内容は異なります。
※入学手続き後の学科・専攻・コースの変更はできません。

試験日自由選択制

Q.一般入試A Ⅰ日程の2日間は、同じ問題が出ますか?

A.

出題する問題は、異なります。

Q.一般入試AⅠ・AⅡ・AⅢにおいて、選択科目によって1時間目と3時間目を受験する場合、2時間目の間どこか待機できる場所はありますか?

A.

本学キャンパス会場はご用意しておりますが、地方試験会場内についてはありません。ご了承ください。

Q.一般入試AⅠ・AⅡ・AⅢにおいて、選択科目によっては2時間目から受ける場合がありますが、その場合、2時間目から来ていいですか?

A.

2時間目から来ていただいて結構です。

Q.一般入試AⅢの特徴や大学入試センター試験利用入試との違いについて教えてください。

A.

一般入試AⅢ(センタープラス)は大学入試センター試験で受験した科目と一般入試AⅡの得点を合計し判定します。
一般入試AⅡ【受験された科目のうち、最も得点率の高い1科目】と、大学入試センター試験【高得点科目(200点満点で換算し、その中で最も得点の高い科目)】を合計し判定します。そのため、一般入試AⅢだけの単独の出願はできません。必ず、一般入試AⅡと同時に出願することが必要です。これらが大学入試センター試験利用入試とは異なる点です。

Q.一般入試AⅢや一般入試C、大学入試センター試験利用入試では、第3志望制度は実施されますか?

A.

実施されません。

Q.一般入試AⅢのみ受験したいのですが、可能でしょうか?

A.

一般入試AⅢのみの受験はできません。
必ず、一般入試AⅡと同時に出願してください。大学入試センター試験において、各学科・専攻・コースが指定する教科・科目を受験しなかった場合は不合格となります。

Q.一般入試AⅠが不合格になってしまいました。一般入試Bを受けても大丈夫ですか?

A.

受験可能です。
出願書類や入学検定料はそれぞれに必要ですが、入学検定料については入学検定料割引制度が適用されます。
入学検定料割引制度の詳細については、下記ページをご参照ください。

入学検定料割引制度

試験当日・会場について

Q.試験当日、学生食堂の利用はできますか?

A.

学生食堂は当日営業をしておりません。
昼食は各自でご用意ください。

Q.試験当日の服装はどうすればいいですか?

A.

当日の服装は自由です。
制服の方もいらっしゃいますが、当日の服装は自由です。また、上履きの準備はいりません。

Q.試験が行われる室内の下見はできますか?また、試験前日に、会場の下見はできますか?

A.

原則としてできません。
試験会場・室内の下見はできませんが、事前の学校見学は可能です。学校見学をご希望の場合は、事前に入試広報室(06-6723-8274)にご連絡ください。また、地方試験会場についても、室内の下見はできません。

Q.試験当日悪天候のため、公共の交通機関が遅れて時間通りに会場に着かない場合はどうすればいいのですか?

A.

入試広報室までご連絡ください。
試験当日は、交通機関・気象状況に関して随時情報を把握し、問題があれば柔軟に対応する対策をとっております。まずは、入試広報室へご連絡ください。

合格発表・その他について

Q.合否発表はどのように行われるのですか?電話で問い合わせても大丈夫ですか?

A.

本学の正式な合格発表は、合格通知書の発送をもって行いますが、WEB(スマートフォン・携帯電話・パソコン)でも、合否結果を知ることができます。
ただし、電話による合否のお問い合わせには一切応じません。

Q.追加合格はありますか?

A.

合格者の入学手続き状況によっては行います。
入学手続きの状況により、追加合格を行う場合があります。その場合は、速達郵便または電話にてご本人様宛に通知します。
あわせて入学手続き方法等の詳細についても連絡します。
※追加合格についての問い合わせには一切応じません。

Q.入学手続き後、住所変更があったのですが、どうしたらいいでしょうか?

A.

大学までFAXか郵送で連絡してください。
新住所が決定した段階で、大学までFAXか郵送で連絡してください。その際、受験番号・氏名・住所・通学経路を記載してください。

Q.推薦入試A・一般入試AⅠ・大学入試センター試験利用入試Aの特別給付奨学金の通知は、いつありますか?

A.

合否発送時に、郵送します。
合否発送と同時に、候補者に「特別給付奨学生候補者通知」を郵送します。

Q.入学手続き後に、事情があって入学できなくなりました。納入したお金は返してもらえるのでしょうか?

A.

入学金以外の納付金を返還する「学費返還制度」があります。
既に納付した費用は、原則返還できません。ただし、入学手続き完了ののち、何らかの理由で本学への入学を取りやめた者を対象に、入学金以外の納付金を返還いたします。(ただし、AO入試や専願での合格者は除く)返還希望の方は、手続きの締切等がございますので、速やかに入試広報室までご相談ください。

Q.推薦入試で合格した学科(専攻・コース)で、入学手続きを完了したのですが、別の学科(専攻・コース)を一般入試で受験したところ合格しました。一般入試で合格した学科(専攻・コース)に変更はできますか?

A.

併願で合格していた場合のみ、変更は可能です。また、既にいただいた納付金も振替可能です。
詳しくは入試広報室までお問合せください。

Q.新型インフルエンザについてはどのような対策を予定しているでしょうか?

A.

状況に応じた対応策を、随時HPで公表しています。
平成28年度入学試験においては、状況を鑑みつつ、その都度対策を講じております。詳しくは、ホームページをご確認ください。