学士課程基幹教育

大学生として必要な「学修スキル」、「教養」そして、
社会で活きる力を身につける4年間の学び

学士課程基幹教育イメージ図

教室で、学外で、知識を得るスキルを身につける(正課)

学科専攻科目(1〜4回生)

各学科の専門領域を学ぶ。

※ 2016年4月、被服学科から名称変更

  • 国分学科
  • 国際英語学科
  • 心理学科
  • ライフプランニング学科
  • 化粧ファッション学科
  • 児童学科
  • 健康栄養学科

スキル系科目(1〜4回生)

大学での学びの基礎、コミュニケーション力や情報リテラシーを身につける。

アカデミックスキルズA(1回生)
書く・読む技能を中心に、ノートテイキングや文献の読み方、情報の集め方、図書館の活用の仕方、アカデミック・ライティングの基礎などを学びます。
アカデミックスキルズB(1回生)
口頭表現力を中心に、授業中の自分の意見の述べ方・質問する方法・調査、スピーチの構成など、さまざまなスキルを学びます。
  • 情報リテラシー
  • コミュニケーション(外国語)

樟蔭基幹科目(1〜4回生)

樟蔭で学ぶことの意義を考え、また社会で活きる感性を磨きます。

樟蔭の窓
「建学の精神」を理解し、本学で学ぶことの意味に出合うカリキュラム。さまざまな分野で活躍するOGとの交流など、現代を生き抜く手がかりを得ることができます。
芸術と鑑賞
「本物にふれる」をコンセプトに(絵画、彫刻、音楽)に触れ、本物だけが持つ感動を体験するカリキュラム。貴重な時間を通し感性を磨きます。

資格課程(1〜4回生)

教育にかかわる資格取得をめざす。

  • 教職
  • 学芸員
  • 社会教育主事
  • 司書・司書教諭
  • 日本語教育

主題別科目群(1〜4回生)

広い視野からものごとをとらえられる能力を養います。

生活者・消費者として生きる

現代社会における日常生活について、様々な側面から学ぶことで、専攻・関心の違いを越えて、自立した生活者となる基礎的知識、判断力の獲得を目指す。

科目名:
現代社会と生活者の視点
リスク社会に生きる
家計・消費と経済

女性のライフステージを考える

女性が3つのライフステージを通して、健やかで心豊かに生きていくためには何が必要か。女性として身につけておくべき身体・健康に関する総合的知識(妊娠、出産、子育て、健康、病気、美、食、性)を学び、女性のライフステージについて考える。

科目名:
女性のライフサイクルと健康
ジェンダーを考える
地域社会とボランティア
子育てを考える

心のしくみを知り、他者に配慮できるようになる

心のしくみを知ることにより、現代社会における複雑な人間関係のあり方を理解し、他者に対して適切に配慮し行動するための基盤づくりを行う。

科目名:
心のしくみ
対人関係の心理学
自己の探究
ストレスとつき合う

言語力と表現力を身につける

言語についての基本的な知識と実践的な言語的・非言語的表現力を身につけることにより、他者の意見を適切に理解し、自分の考えを効果的に伝えることができるようになる。

科目名:
言語とコミュニケーション
文学と表現
論理トレーニング
トータルプレゼンテーション

歴史と文化を学び現代を知る

今・ここ・私(女性)を出発点として、自分をとりまく現代社会を構築するさまざまな要素を、その歴史をさかのぼることにより、理解を深め、心豊かで創造的な生活を送る基盤づくりを行う。

科目名:
環境問題と現代
国際社会と平和
サブカルチャー論
歴史の中の女性

キャリア系科目(1〜4回生)

セミナーやインターンシップに参加し、将来の仕事や社会が求める力を養います。

キャリアサポートプログラム

インターンシップ

実習

  • 就業体験型インターンシップ [ 実習/夏休み期間約10日間 ]
  • 学生提案型インターンシップ [ 実習/4月~11月 ]

インターンシップ

★ 講座、科目、活動名称などは変更になる場合があります。

実践して学ぶ

アクティブプログラムに参加する正課外(アクティビティ)(1〜4回生)

例えば

  • ヤングアメリカンズ
  • 海外留学
  • 企業との協働プロジェクト
  • 子育てカレッジ
  • ボランティア活動

イキ×ラボ  国際交流

自主的に活動する課外活動(1〜4回生)

例えば

  • 学友会活動
  • 大学祭
  • クラブ活動

クラブ同好会・大学祭委員会など

★ 講座、科目、活動名称などは変更になる場合があります。

PageTop