健康栄養学部 健康栄養学科

Department of Health and Nutrition

人間栄養学の専門知識と技術で、
人々の“健康”に貢献

Feature

Point.01

管理栄養士国家試験合格率「4年連続100%」!資格取得に強い!

今年も新卒受験者の全員が合格し、「管理栄養士合格率100%」を4年連続達成しました!(2014〜2017年:285名新卒受験者合格)しかも「4年連続合格率100%」を達成したのは、全国152養成施設で本学のみ!
また、食物栄養専攻では栄養士・家庭科教諭・栄養教諭のトリプルライセンスが取得可能。これらの実績は、社会からの高い評価につながっています。

【管理栄養士専攻】4年連続!100%〜第31回管理栄養士国家試験速報

【食物栄養専攻】トリプルライセンス

Point.02

就職に強い!就職決定率98%
(2016年3月卒業生)

病院医療、食品会社、給食会社など、希望する分野ごとに業界出身の教員が就職をサポート(業界アドバイザー制度)。一般企業とは異なる採用スケジュールや最新動向を人事担当者が解説する「業界セミナー」も毎年開催。

就職ガイダンスが開かれました!

Point.03

医療機関や食品メーカーなどの現場で求められる力を習得!

本学科では、学内の授業で「医療従事者として必要なマナー」を学んだ上で、大規模な公立病院などで実践力を磨きます。また、最先端の栄養サポートチームが活躍する「近森病院」での研修も導入しており、学内外で、医療現場で求められる知識や技術を学ぶことができます。このほか、毎年老舗菓子メーカーや食品会社との食品開発プロジェクトなども実施。企業で働く管理栄養士・栄養士の実務も体験することができます。

Department Overview・Career

主な資格取得

管理栄養士専攻

  • 管理栄養士国家試験受験資格(所定の単位修得が必要)
  • 栄養士
  • 栄養教諭1種
  • 学芸員※
  • 司書※
  • 食生活アドバイザー ほか

食物栄養専攻

  • 栄養士
  • 中学校・高等学校教諭1種(家庭)
  • 栄養教諭2種
  • フードスペシャリスト
  • 学芸員
  • 司書
  • 司書教諭※
  • 食生活アドバイザー ほか

※カリキュラム上4年間で取得できない場合があります。

将来の進路と職業

  • 病院管理栄養士
  • 給食会社管理栄養士
  • 高齢者・児童福祉施設管理栄養士
  • 栄養教諭
  • スポーツ施設管理栄養士
  • 食品開発企業従事者
  • 家庭科教員(中学校・高等学校)
  • 食品関連企業の企画・開発
  • スポーツ施設栄養士
  • フードコーディネーター
  • 給食会社栄養士
  • 高齢者・児童福祉施設栄養士
  • 外食産業従事者
  • 管理栄養士※ ほか

※食物栄養専攻の場合、管理栄養士の国家試験受験資格取得には、栄養士免許の取得と「実務経験1年以上(実質、卒業2年後)」を必要とします。

大学院 人間科学研究科 人間栄養学専攻

栄養と食品と医療の三面から高度な知識と実践力を兼ね備えた「食と健康」のプロを育成します。

人間栄養学では、食と健康を多角的に見つめながら、
人間の存在そのものを学際的に追究します。

過剰栄養や栄養不均衡による生活習慣病、食物を媒介とする感染症、遺伝子組み換え食品の社会的認知、さらにはストレスによる過食・拒食やダイエットによる栄養欠乏、入院患者および高齢者の低栄養状態……。現代社会では、従来の学問の枠組みでは解決が難しい問題が多発し、消費者が「食」に不安や不信感を感じる生活を余儀なくされています。こうした状況を背景にわが国では、栄養学的な側面にとどまらない幅広い視野をもった栄養・食品のプロの育成が大きな課題となっています。「人間栄養学」という考え方では、人体の構造や生理機能といった身体的側面だけでなく、心理面、精神面、食行動や生活スタイルの変化など、私たちを取り巻く社会環境を含めた人間の総合理解をベースに、「食」と「健康」のあり方、つまりは人間の存在そのものを学際的に追究します。

高度な専門性を体系的に身につける独自のカリキュラム
食物科学と医学・保健学を融合し、学部教育との継続性を重視した体系的・系統的なカリキュラムを編成。

食物科学と医学・保健学を有機的に融合させ、広く総合人間科学の視点を取り入れた独自のカリキュラムを編成。学部教育との継続性を重視し、4年間で培われた専門性を系統的に向上させる目的で、教育課程を「研究基礎科目」「研究展開科目」「研究実習科目」「研究演習科目(修士論文・課題研究指導)」の4科目群で構成します。さらに修了後の進路から2つの履修モデルを設定し、実践的な知識・技能を効果的に身につけられるよう配慮しています。

就職実績 [管理栄養士専攻]

●医療・福祉(福)大阪福祉事業財団 すみれ病院、(医)徳洲会 大阪本部、(医)白岩内科医院、(医)篤靜会 谷川記念病院、(福)麦の穂ひばり保育園、(福)若葉福祉会めだか保育園 ●メーカー久原本家グループ ●流通スギホールディングス(株)、日清医療食品(株)、(株)東テスティパル、(株)魚国総本社大阪本部、(株)ナリコマエンタープライズ、ロイヤルインフライトケイタリング(株)、オリジン東秀(株)、サントリービバレッジサービス(株) ほか

就職実績 [食物栄養専攻]

●教育奈良県教育委員会 ●メーカー(株)日本サンガリアベバレッジカンパニー、(株)サンデリカ、(株)おやつカンパニー ●流通(株)クリエイト・レストランツ・ホールディングス、(株)マルタマフーズ、(株)東テスティパル、日清医療食品(株)、浅田給食(株)、(株)梅の花、(株)セブン-イレブン・ジャパン ほか

Department Topics

Topics.01

8ヵ月間にわたる日経連携講座で
学生のアイデアが商品化!

日本経済新聞社との連携講座では、「株式会社くらこん」とのコラボレーションで「昆布」の新商品企画に挑戦!学生3チームは、市場調査や討議を重ね、まずは中間発表を実施。厳しい質疑応答や試食会での評価をもとに課題と向き合い、試作制作や工場見学を通して製造工程や品質管理、工場生産の難しさを学びます。開発担当者との意見交換を何度も行い、改良に改良を重ねた商品に、商品名やパッケージデザインを加え、最終プレゼンテーションを実施。この学生の枠を超えた経験を経て、学生たちは企画力や検証力、実行力を身につけます。

①開発商品についてご紹介

②課題発表から中間発表・試作品試食会

③中間発表会

④工場見学&集中討議!

⑤成果発表会と商品化決定!

Topics.02

課外活動で実践経験
「ショコラカフェ」を学生たちが経営

課外活動として、キャンパス内で学生が運営する「ショコラカフェ」。生協管轄で厳しい衛生基準を保ちながら、新商品の企画開発や店舗運営に主体的に取り組んでいます。メインスタッフとして活躍する本学部の学生たちは、授業で学んだ知識をカフェ経営の場で実践し、トライ&エラーをくり返しながらスキルアップに役立てています。

Topics.03

業界アドバイザー制度

各業界とつながりのある3名の先生を選任。業界アドバイザーとして、現場の最新状況をもとに的確なアドバイスを提供しています。採用活動の時期や方法など、一般企業とは違う業界だからこそ、独自のキャリアサポートが心強い支えとなります。

Topics.04

教員がマンツーマンでサポート!

1名の教員が約10名の学生を担当する「アドバイザー制度」で、定期的な個人面談やポートフォリオでの目標・成績の管理を行い、いつでもマンツーマンでサポート。また、就職活動の際には、業界アドバイザーの先生にいつでも相談できます。

教員との距離が近く、親しみやすい雰囲気

いつでもオープンな研究室!

訪れにくい印象がある先生の研究室も、樟蔭ではいつでもオープンです。卒業生でもある助手が、いつでもこころよく歓迎してくれます。国家試験に向けて毎日勉強する時も、疑問や不安がある時も、みんなが自然と集まる場所は先生の研究室です。

Topics.05

関西屈指!最新の実習環境

2015年に誕生した10階建ての「翔空館」。1〜5階は健康栄養学部専用のフロアとなっており、最新の施設が揃います。ガラス張りで明るい給食実習室では、一度に100食分以上の大量調理が可能です。

★学生スタッフによるキャンパス紹介動画を公開中♪

Course

管理栄養士専攻

保健・医療の専門家として
活躍する管理栄養士へ

食生活に問題の多い現代において、
食事は「治療」の1つ。
本専攻の幅広い講義や実践的な実習により、
栄養マネジメントができる
専門知識と技術を身につけ、
真に社会貢献できる
管理栄養士をめざします。

サポート

資格・就職に強い!
4年間の成長度が高い!!
管理栄養士専攻の
サポート力。

管理栄養士国家試験合格率4年連続100% 全国で本学のみ!(2014~2017年新卒受験者実績)

「合格率4年連続100%」
これは全国152養成施設で、本学のみの実績です!

この実績は、経験豊かな教員による「教育」と「サポート」の成果です!

着実にステップアップできる教育

栄養学の基礎となる化学・生物を、「入学前」から専任教員がしっかり教育を行い、早期から強い土台づくりを。経験が豊かな管理栄養士が、教員陣に多数いる本学科では、「これから、必要とされる力」に着目し、思考力や判断力、問題解決能力を育成するため、卒業研究・論文作成を必修にしています。

学科教員が一丸となったサポート

本学科には、国家試験対策の長年のノウハウを蓄積してきた「樟蔭オリジナルテキスト」があります。また復習に活用できる「勉強ノート」で効率よく学習が可能。授業以外でも、国家試験対策として習熟レベル別の「勉強会」を実施。教員と助手が立ち会い、いつでも質問できる環境に。また、定期的に教員との個人面談が行われるため、前向きに取り組めます。

就職 決定率 98.6%

2016年3月卒業生の就職決定率は98.6%。そのうち約7割が管理栄養士や栄養士として就職しています。ほかの卒業生もさまざまな分野に飛び立ち、本学での学びを活かして活躍することが期待されます。

管理栄養士専攻
就職実績

約7割が資格を活かして就職!

病院や 診療所など 臨床に強い!

本学科の教員には、栄養食事指導などの「実践経験豊かな管理栄養士」が11名おり、さらに「栄養サポートチーム(栄養ケアを行うチーム医療の組織)」のリーダーを務めた医師らも配し、「これから、必要とされる管理栄養士」を育成しています。

「医療従事者としての総合力」を育成

学外実習では病院などで実践力を育成。本学は事前教育が充実。「医療従事者として必要なマナー」はもちろん、専門職としての誇りや自信が身につきます。

「栄養サポートチーム」の最先端の
「近森病院」との包括連携

希望学生は短期研修が可能で、栄養と医療の最先端施設での貴重な経験を積むことができます。

photo

臨床栄養師養成施設「大学院・人間栄養学専攻」を併設

さらに高度な臨床栄養学の知識、技術およびマネジメント能力の習得をめざしたい学生にも対応。

学びのステップ

1年次

化学・生物の復習からはじめ、講義と実験・実習をバランスよく習得し、基本事項の理解を深めます。

2年次

専門基礎分野の展開から、専門分野の科目と連携し、管理栄養士としての必須知識の修得につなげます。

3年次

学内外での実習で管理栄養士の現場を体験。実習・実験を通じて応用力を身につけていきます。

4年次

管理栄養士国家試験に向けて、合格への着実なステップアップをめざします。

履修モデル例

  • 1年次春期
  • 1年次秋期
  • 2年次春期
  • 3年次春期

※白地の授業は、学士課程基幹教育教職必修科目・教職必修科目

ピックアップ授業

臨床栄養学

「栄養サポートチーム(NST)」内で、専門性を発揮しながら他の専門家と協働できる能力の習得をめざします。実際の医療現場で行われている栄養管理のプランニングDVDをもとに、自分なりの理論に則った多様なプランを立案する訓練を行います。

栄養マネジメント論

基本的な栄養マネジメントの考え方および、具体的な栄養アセスメント方法について学習します。食事摂取基準については、総論の科学的根拠を理解し、栄養マネジメントを行う上での基礎的内容を身につけます。

食物栄養専攻

食を通して、人々の健康を
サポートする専門家へ

食への関心が高まるとともに、
活躍のフィールドもより多彩に。
健やかな体を支える
食品や栄養の知識を得て、
人々の健康をサポートする
「食と健康のスペシャリスト」
をめざします。
栄養士・栄養教諭2種・家庭科教諭1種の
トリプルライセンスも取得可能です。

サポート

食のフィールドに
羽ばたく力となる、
さまざまな資格、
充実した設備・体制。

トリプル ライセンス 取得可能

◎栄養士(栄養分析・指導ができる「栄養のスペシャリスト」です。)
◎栄養教諭2種免許(学校給食の管理と「食育」を担当します。)
◎家庭科教諭1種免許(中学校・高校)

食物栄養専攻では、上記3つのライセンスが取得可能です!

photo

教員採用試験対策

本学では教員をめざす学生のサポートとして対策講座を実施。対策講座では、採用試験に合格した先輩たちの成功体験を聞いたり、教員チャレンジテスト問題に挑戦したりして、採用試験とはどんなものなのかを体験します。また、教員採用試験における面接官の経験者に、しっかりと面接指導をしていただきます。

photo
就職 決定率 94.6%

食品会社、給食会社など、それぞれの業界とつながりのある先生がそろっており、最新の業界情報やアドバイスをもらえます。特別な業界を志望するための強い味方です!

食物栄養専攻
就職実績

フードスペシャリスト 試験合格率 90%(2014〜2016年度実績平均)(全国平均82.5%)

合格率3ヵ年平均90%で、毎年高い合格率を維持しており、全国平均を上回る実績です。

フードスペシャリストとは

フードコーディネートから調理学、食品の安全性や官能評価まで、「食」に関する幅広い知識と技術を身につけ、製造、流通、外食など食品産業で幅広く活躍する専門職。

フードスペシャリスト講座実施!
対策講座で合格をサポート!

課外授業として、対策講座を実施しています。「フードコーディネート論」や「食物学」、「食品流通・消費」など検定試験に必要な範囲を網羅した内容を複数の教員が講義を行い、合格に向けての手厚いサポートを行っています。

photo

学びのステップ

1年次

「食品学」などの食の理論や「調理学実習」などの実習・実験を通して、食物栄養学の基礎を習得します。

2年次

食物栄養学の基礎知識をもとに、「栄養教育論」や「応用栄養学」など、より具体的な専門知識を身につけます。

3年次

学内外の実習で、より深化した学びへ。資格取得をめざす場合は、関連科目の講義や実習を受講します。

4年次

講義・実験・実習を行うとともに、卒業論文に取り組みます。

履修モデル例

  • 1年次春期
  • 1年次秋期
  • 2年次春期
  • 3年次春期

※白地の授業は、学士課程基幹教育教職必修科目・教職必修科目・フードスペシャリスト必修科目

ピックアップ授業

食品化学実験

糖質やタンパク質の定量や、油脂の分析実験を通して、食品成分の理化学的な分析方法を習得。また、人間の味覚や嗅覚、触覚などを利用し、食品の特性を評価・測定する官能検査の実際も学びます。

フードコーディネート

ミシュランの星を獲得したシェフや経験豊かなシェフが、実践的な授業を展開します。フランス料理のコースを通して、食文化、調理法、食材の旬や管理法、食卓の演出、原価、食の安全性などを学びます。

栄養教諭

両専攻で栄養教諭の免許が
取得可能!

大阪府の栄養教諭配置数は全国第1位!近畿圏は、他の地域に比べて栄養教諭の配置数が高く、配置数10位以内に入っている府県が4つもあります!(大阪府・京都府・兵庫県・三重県)
栄養教諭の資格を持っていれば、幼稚園や保育所、食品関係の企業で食育をすすめるなど、就職の幅も広がります。

※栄養教諭1種免許は「管理栄養士専攻」、栄養教諭2種免許は「食物栄養専攻」で 取得可能です。

栄養教諭とは

子どもたちに健康的な食生活を教育

栄養教諭とは、学校給食の管理(栄養管理・衛生管理・調理指導など)や、食に関する指導を行う教諭。たとえば、偏食や肥満傾向、食物アレルギーがある子どもへの相談指導や、食の特別授業など。児童や生徒が正しい食習慣を学べるよう、教員・家庭・地域と協力しあって食教育をすすめます。

Pamphlet

学科についての情報が満載の
「大学案内」「学科パンフレット」を発行しています。

資料請求