学士課程基幹教育

大阪樟蔭女子大学には成長できるオリジナルの学びがあります。

1年次からステップアップが始まります。

学士課程基幹教育では、「読む」「聞く」「書く」「話す」を基本にして、大学での学びの土台づくりと、社会人としての基礎力の習得を目標としています。ここで培った考える力や話す力が、2年次以降のキャリア系科目へとつながっていきます。このほか、広い視野と深い教養を養う主題別科目群や現代では必須となっている情報リテラシーや外国語コミュニケーションなどの学びを通して、専門的な学修を行うために基礎を固めます。本学では卒業後の進路を見据えて、1年次から段階的に成長していける教育を行っています。

樟蔭基幹科目樟蔭だからできる社会で活きる感性を磨く。

樟蔭の窓

100年近く受け継がれてきた本学の「建学の精神」を理解し、「樟蔭」の歴史や伝統を学ぶ授業です。幅広い分野で活躍する卒業生との交流もあり、いま「樟蔭で学ぶ」ことの意味を確かめることができます。

芸術と鑑賞

「本物にふれる」をコンセプトに、絵画や彫刻や音楽など、さまざまな芸術を鑑賞します。作家から創作活動の話を聞いたり、演奏家に作品の解説をしてもらったり、貴重な経験を通して感性を磨きます。

主題別科目群広い視野からものごとをとらえる能力を養う。

生活者・消費者として生きる

自立した生活者となるための基礎的知識や判断力を養います。

  • 現代社会と生活者の視点
  • 日常生活と法
  • 日本国憲法
  • 日常生活と科学
  • 社会的偏見とその影響
  • リスク社会に生きる
  • グローバル化する社会
  • 家計・消費と経済<>

女性のライフステージを考える

女性が3つのライフステージを健やかで心豊かに生きていくために必要な身体・健康に関する総合的知識や判断力を養います。

  • 女性のライフサイクルと健康
  • ライフステージと栄養
  • 生命の成り立ち
  • 運動と健康A
  • 運動と健康B
  • くすのき地域社会論
  • ジェンダーを考える
  • 子育てを考える

心のしくみを知り、他者に配慮できるようになる

現代社会における複雑な人間関係のあり方を理解し、他者に対して適切に配慮し行動する力を養います。

  • 心のしくみ
  • 自己の探求
  • 現代倫理入門
  • 対人関係の心理学
  • ストレスとつき合う
  • ソーシャルスキル

言語力と表現力を身につける

言語についての基本的な知識と実践的な表現力を身につけ、他者の意見を適切に理解し、自分の考えを効果的に伝える力を養います。

  • 言語とコミュニケーション
  • 日本語表現基礎
  • 論理トレーニング
  • 文学と表現
  • 応用日本語表現
  • トータルプレゼンテーション

歴史と文化を学び“現代”を考える

自分をとりまく現代社会を構成するさまざまな要素を、歴史・異文化理解の観点から把握し、心豊かで創造的な生活を送る方法を学びます。

  • 日本の歴史
  • 世界の歴史
  • 信仰と祝祭
  • 文化人類学
  • 環境問題と現代
  • サブカルチャー論
  • 国際社会と平和
  • 歴史の中の女性

スキル系科目学びの基礎や情報とのつきあい方、異言語コミュニケーションを学ぶ。

アカデミック・スキルズとは、大学での学修の基礎を学ぶ1年生対象の授業です。大学4年間で学んでいくための基本となる汎用的技能を身につけます。ディスカッションと発表をくり返し「読む」「聞く」「書く」「話す」力を鍛えていきます。

アカデミック・スキルズA
(1年生春期)

読む・書く技能を中心に学びます。授業で役立つノートテイキングや文献の読み方、情報の集め方、図書館の活用の仕方、アカデミック・ライティングの基礎などを学びます。

アカデミック・スキルズB
(1年生秋期)

口頭表現力を中心に学びます。授業中の自分の意見の述べ方・質問する方法・調査、分析したことをまとめて発表する手順、人の心を動かすスピーチの構成など、さまざまな口頭表現スキルを身につけます。

情報リテラシー

社会生活を送るにあたり、また学士課程で学ぶ上で必要な情報リテラシーを身につけます。

  • 情報と人間
  • 電子社会とメディア
  • 情報処理基礎A・B

コミュニケーション(外国語)

母語と異なる言語および言語文化について理解し、社会生活においてそれらの言語を活用するためのスキルを身につけます。

  • Communicative English A〜D
  • Comprehensive English A〜D
  • Elective English A〜D
  • 海外外国語演習A〜C
  • 異文化演習
  • ドイツ語Ⅰ・Ⅱ
  • フランス語Ⅰ・Ⅱ
  • 中国語Ⅰ・Ⅱ
  • 朝鮮語Ⅰ・Ⅱ

キャリア系科目キャリア選択に対し、能動的、自主的に取り組めるようになる。

キャリア科目

  • キャリア設計
  • キャリア開発
  • キャリア研究

インターンシップ制度

企業などの実社会に身を置き、就職についてより身近なものとしてとらえるための実習です。

  • 就業体験型インターンシップ
  • 学生提案型インターンシップ